2018年9月8日土曜日

15時17分、パリ行き





こんにちは! iida です。




今日はだいぶ復旧して

わりかし普通の日常っぽくなりましたね!

でも、食糧不足とガソリン不足は改善の余地なしですかね?(・.・;)



そんな時に、


なんなんですが。。。



本日 9月8日は、


ボーイッシュの


18 th   Anniversary    です!




明日から19年目。

たくさんの人たちに支えられ

ここまで来れました。


本当にありがとうございます!(≧◇≦)




これからも BOYISH HAIR DESIGN

よろしくお願いいたします。 m(__)m






























「15時17分、パリ行き」  みました。









内容は (引用)


2015年8月21日、

554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、

武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。

乗客たちが恐怖に凍り付く中、

旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、

二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。




クリント・イーストウッド監督は多々拝見してますが、

ほぼほぼ外した事がありません。


定番ですが、

実話に基づいた話。


過去にも

「アメリカン・スナイパー」

「ハドソン川の奇跡」

隠れヒーローに着眼してつくる。




今回も3人の幼馴染がテロに屈する話し。




幼少期から芽生えた友情。

からの、成人になってヨーロッパ旅行。

この地点で ほぼ8割の映画構成。

そんな何気ない時間の経過中、

事件が起こる。


実話ならではの展開ですね!


話自体は そんなに面白くないです。(笑)


でも構成は素晴らしい!

うまく説明はできませんが。ww




そして何より、

主演の3人が 当事者!!!

シロウトです!(笑)

乗客のエキストラも当事者!!!

もちろんシロウトです!(笑)



そんな俳優陣?、演技がナチュラル〜!!


ここは、やっぱ クリント・イーストウッド!!


「ハドソン川の奇跡」の前あたりから

温めてたんだと思いました!(^◇^;)


80歳になる人の発想とは思えません!


やっぱ、すげ〜っす!( ̄▽ ̄)








2018年9月7日金曜日

マンハント





こんにちは! iida です。



地震。。。

皆様、大丈夫でしょうか?

まだまだ完全復興までには時間がかかりそうですね。

液状化などで被害にあわれて

まだ落ち着かない状態が続くと思いますが

一日も早い復興をお祈りいたします。m(__)m





我が家は、

昨日一日 停電でした。










地震直後はなんの危機感も感じず、


嫁にも「マイペースすぎる!」

と怒られ、


テレビを見てると

「地震が起きました。」

からの

「なんちゃらかんちゃら」言って

「停電の恐れは今のところありません。」

って言った瞬間に停電になったもんだから、

やばい!より、ウケる!になって、

またちょっと怒られ、ww




朝7時過ぎ、なんとなくビバホーム行ったら10人ぐらい並んでて、

「なんだ?」

「あ~、ガスコンロね!」

「そ~言えばなかったな」

「ローソク、ボンぺ、水、一応買っておくか!」


停電だから、レジもそこそこ時間がかかり、

終わって外に出てビックリ!Σ(゚Д゚)













これ、一つの列です!!

奥のユニクロの

まだ向こうまで続いてます。



ここで初めて危機感を感じました。(≧◇≦)



約1日で終わったので言えるのかもしれませんが、

貴重な経験をした感じでした。


物事の大切さ。

人間同士の助け合い。

いろんな意味の強さ、もろさ。

日常のありがたさ。



ダメージのある1日でしたが、

勉強になった1日でした。(^.^)








ボーイッシュは今日から営業しております。


被害も。。。







この程度なので大丈夫です。(^-^)



ご来店お待ちしております。


























「マンハント」  みました!





内容は (引用)


国際弁護士のドゥ・チウ(チャン・ハンユー)は、

気が付くと女の死体が横にあり、

身に覚えのない殺人事件の容疑者に仕立て上げられたことに気付く。

逃亡を図ったチウを追う敏腕刑事・矢村(福山雅治)は捜査を進めるにつれ事件に違和感を覚えるようになる。

やがて二人の間に信頼が生まれ、彼らは共に真相を追うが……。



ジョン・ウー監督作品です!

「M:i-2」

「レッド・クリフ」

「フェイス/オフ」


期待しないわけがない!!!


ジョン・ウーと言えば、

です!

今回も小出しに出ております!w


しかーーし!


ひどーーい!>_<



今年、iida 的にワーストかも!^_^;


銃撃戦はいいとして、

内容がひどい!!

しかも、セリフはアフレコ!


観るに耐えない感じでした。。







2018年9月5日水曜日

リバーズ・エッジ





こんにちは! 




昨日の夜中の台風!

凄かったですね~!


面白半分で、外に出てみました。


家の前の道路を自転車で通った人いました!


思わず、


「どこ行くねん!!(゚Д゚;) 」


って、心で叫んだ iida です。




















「リバーズ・エッジ」  みました。






内容は (引用)


女子高生のハルナ(二階堂ふみ)と、

ハルナにだけ心を許すゲイでいじめられっ子の山田(吉沢亮)と摂食障害であるモデルのこずえ。

彼らは河原で見つけた死体に魅せられていた。

山田をいじめるハルナの恋人・観音崎や、

山田のことが好きな田島カンナらも、

それぞれに事情を抱えていた。

ある日、

新たな死体が……。






岡崎京子原作映画の世界観は

正直ついていけない。。^_^;

良くも悪くも90年代のポルノ映画。


クスリ、タバコ、暴力、セックス、なんでもアリの高校生。

一瞬、

「えっ?!高校生なの?」

って思いましたが、

考えてみたら、そんな時代でした!(笑)


今の時代に通用するかな?


コアな人には絶賛される映画だと思います!(^-^)





2018年8月29日水曜日

DESTINY 鎌倉ものがたり






こんにちは! 


昨日はチャリで滝野すずらん公園まで行ってきました!^o^

















偶然とは思えない。。。



滝をみていて お腹が下った iida です!(笑)























「 DESTINY  鎌倉ものがたり」  みました。







邦画続くな~。。。(・.・;)




内容は (引用)


鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに亜紀子(高畑充希)が嫁いでくるが、

さまざまな怪奇現象が起こる日常に彼女は戸惑ってしまう。

犯罪研究や心霊捜査にも通じている正和は、

迷宮入りが予想される事件の折には、

鎌倉警察に協力する名探偵でもあった。

ある日、

資産家が殺害され……。





ほっこり!( ̄∇ ̄)

ちょっとCGが安っぽく感じましたが、

こーゆーのが

日本のファンタジーとして

代表作になってもいいんじゃないかなぁ〜って思いました。


夫婦って いいなぁ〜 って!

こんなカワイイ奥さんならいいなぁ〜って!



高畑充希って

そんなに好きじゃなかったけど、

この作品で ちょっと好きになったかも。。。

って言っても、

いつもの高畑充希でしたけど。(笑)











2018年8月22日水曜日

不能犯





こんにちは!  iida です!



たまに家のバルコニーで

ビアガーデンやります!(^_^)




月曜日の夜は

比較的暖かくて、無風だったので

久々にやりました。





写メは後片付けの時に撮ったやつですが。。。w





休みの日は朝からチャリです!

毎週恒例のこばやし峠。

なんと、

この1週間でこばやし峠の石像?が、出来てるではありませんか!






前まで、ただの墓石みたいだったのに!







今回は五天山公園経由で行ってきました!(^∇^)







小別沢トンネルも経由したのですが、

激しいアップダウンで

結構やられました!


盤渓でチャリショップの店長さんと偶然会って、

「小別沢トンネルから来た」って言ったら

「あそこは なかなかの激坂だよ!」って言われました。




って感じでした!(笑)


またチャレンジしてみようと思います!(`_´)ゞ

























「不能犯」  みました!







内容は (引用)


大都会を舞台に立て続けに変死事件が起こり、

その現場には決まっていつも黒のスーツを着た男の姿があった。

その男は宇相吹正(松坂桃李)で、

“電話ボックスの男”とSNSで話題になっており、

とある電話ボックスに殺人の依頼を貼るだけで必ず遂行されるとささやかれていた。

実際に標的は100パーセントの確率で、

事故や自殺や病気によって命を落としており……。






内容は 面白かった!

松坂桃李の狂気的な役も上手!(^∇^)



ただ、

沢尻エリカを筆頭に

周りを取り巻く脇役陣がヒドイ!



メチャ大根じゃないですかぁ〜!>_<

なんで、そーなるんでしょうね?

不思議〜!!


もったいない!f^_^;







2018年8月20日月曜日

8年越しの花嫁




こんにちは! 




今朝、イチオシで友達がグルメリポートしていて

爆笑した iida です。




先日、友達と3人で車中泊してきました!ww



仕事を少し早めに終わらせ

直行で現場へ!

各自持ち合わせで飲み食い!








街灯も何もないところでランタンを消し

星空を見て

おっさん3人で大絶賛!(笑)


寝床についたのは夜中の1時半。


みんな、それぞれの車のベッドをお披露目!


あ~でもない! こ~でもない!


で消灯。


「朝起きたら、勝手に帰ろう!!」


で、


取り残された iida 。ww





取り残された感を上手く写メで送ってくれた

優しい友達。ww


いい感じでむなしかったです。ww


んで、朝から仕事っす!


楽しかったので、

また次も計画中です!(^O^)




















「8年越しの花嫁」  みました。






内容は (引用)


結婚式を3か月後に控えていた尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。

しかし、

麻衣が病を発症して昏睡(こんすい)状態になってしまう。

尚志は、

麻衣の両親からほかの女性を探すように諭されるが、

彼女のそばから離れようとせずに回復するのを待ち続ける。

その後目を覚ました麻衣は、

記憶障害に陥って尚志が誰なのかわからない状態になっていた。

ショックに打ちひしがれながらも、

毎日のように彼女を訪ねる尚志だが……。






とてもステキなストーリーだと思います。

こんだけ試練を乗り越えて結婚したら

何があっても幸せになれると思いました。

とくに男性の一途な気持ちに感銘を受けました。(^.^)



ただ、僕の中で

佐藤健はダメです。


だって、

共演者キラーの

遊び人なんですよね?

数々の旬な女優さんに手を出して。。。

挙げ句の果てに、

吉岡里帆にまで手出しやがって〜!(-。-;

そんな人に演じられても

感情が入りませぬ!

(ただの僻みですが!ww)



なので低評価です。m(_ _)m

佐藤健ファンの人がいたら

すいません!f^_^;












2018年8月16日木曜日

勝手にふるえてろ





こんにちは! iida です。




お盆中はなんだかんだ休んでしまって、

お客様にご迷惑をかけてしまいました。

申し訳ありませんでした。 m(__)m


今日から平常営業。。。

なのですが。。。


明日18時まで。

明後日は12時から18時までとなっております。


お店は通常通り営業しておりますのでよろしくお願いいたします。








お盆中はあいにくの雨でしたが、

充実しました。(^O^)



道外から友達が会いに来てご飯食べに行ったり、

親戚10人ぐらいでBBQ したり、

娘も部活休みだったので買い物行ったり、


一番すごかったのが、


あの土砂降りの中

娘に貸し出されて外でランニングしたこと。ww

しかも2日間。ww


昔、娘とのランニングネタがあったのですが、

一段とパワーアップ!!!

もうついていけません。。。(-_-;)










BBQ の準備中に撮った写真です。























「勝手にふるえてろ」  みました。






内容は (引用)


初恋相手のイチを忘れられない24歳の会社員ヨシカ(松岡茉優)は、

ある日職場の同期のニから交際を申し込まれる。

人生初の告白に舞い上がるも、

暑苦しいニとの関係に気乗りしないヨシカは、

同窓会を計画し片思いの相手イチと再会。

脳内の片思いと、

現実の恋愛とのはざまで悩むヨシカは……。





19歳で芥川賞作家となった綿矢りさの恋愛小説を実写映画化。



原作は芥川賞小説なので間違いなし。

主演の松岡美憂の演技は ここ数年にない好演。

それを導いた監督も然り。

言うことなし!

レビュー評価もめちゃくちゃ高いです!!




が、



僕はダメでした。。(>_<)




なんか。。

ぶっ飛びすぎ!!



面白くない話も

宮川大輔が話すだけで笑える!

みたいな感じにみえました。(^^;



ヨシカのミュージカルばりの歌かから

ちょっと展開が急変して

面白くなる感じがあったのですが。。


結局変わらずストレート。

ある意味、変化球なしのスジの通った映画なのかな?

新しさ、斬新さは感じました。

評論家タイプにウケそう!(^-^)


僕的には芥川賞対決は

「火花」で!( ´ ▽ ` )