2018年2月14日水曜日

東京喰種 トーキョーグール







こんにちは!  iida   です。



2月に入って、

雪まつり。オリンピック。インフルエンザ。(笑)



お客様でも、今までかかったことがないのにかかった!って人が数人いました。

皆様もインフルに限らず体調には十分お気をつけ下さい。(^.^)




オリンピックは時差がなく

寝不足にはならないので良かったです!

高梨沙羅は感動しました。(>_<)



雪まつりは。。。

別にいいですね。(笑)






土曜に友達がイタリアン好きなので

知り合いが働いてるイタリアンに行って来ました。







写真はイタリアのクラフトビールです。(^o^)




月曜日は違う友達と焼肉! 

ボーイッシュの近くにある「七厘」。

普通に安くて美味しいので

よく行きます。


必ず注文するのが、

塩ホル、サガリ、砂肝、魚肉ソーセージ、トマトサラダ、キムチ、などなど。

そしてガーリックパウダーをもらいます。(多分これもらうのうちらぐらいww)

美味しいので是非行ってみて下さい!(°▽°)
























「東京喰種 トーキョーグール」  みました。






内容は (引用)


水とコーヒーと人体だけを取り込むという人間の姿をした怪人・喰種が東京の街に紛れ、

人々は恐れを抱いていた。

そんな中、

平凡な大学生のカネキ(窪田正孝)は事故に遭ってしまう。

知人の少女リゼの臓器を移植して死を免れるが、

それが原因で半喰種となったカネキは、

頻繁に足を運んでいた喫茶店あんていくで働くことになる。

そしてカネキは、

アルバイトの女子高生トーカ(清水富美加)や、

店に集まる客が喰種だと知り……。




「寄生獣」みたいっすね!^^;
目新しい感じはしなかったです。

これは逆に原作知ってる人の方が楽しくみれるのかな?

ただ、窪田正孝の狂気的な演技は圧巻です!(≧∀≦)

終始あきずにみれました!(^-^)



















2018年2月7日水曜日

帝一の國





こんにちは! iida です。




昨日、穴の開いたダウンで嫁と口論になり、

(ちなみに穴開いてても気にしない iida です。ww)

腹立ってダウン 2 枚買ってやりましたよ~!

古いけどワイルドだろ~!!!ww


ってか、季節外れなので

メチャ安かったんですけどね!(笑)






















「帝一の國」  みました。








内容は (引用)


国内屈指の名門校である海帝高校で生徒会長の座に就いた人物には、

将来の入閣が約束されていた。

首席で入学を果たした新入生の赤場帝一(菅田将暉)には、

いつか総理大臣になって己の国を作り上げるという大きな野望があった。

彼は2年後に控えた生徒会長選を見据え、

全国から集まったトップエリート800人の高校生相手に戦いを挑む。




原作未読です。

改変けっこうあるみたいですが。。。



単純にすごく面白かった!


きっと原作は

もっと入り組んだ人間模様があったのだと思いますが、

十分まとまっていたと思います。



全然あきないし!

俳優陣も旬な人たちで、

コミカルな感じも良かった!( ^∀^)


男性向きだと思うのですが、

意外と女性も楽しくみれそうな気がします!(^-^)

老若男女楽しめる映画です!


みんなに勧めよぉ〜!(≧∀≦)




2018年1月24日水曜日

ジオストーム






こんにちは!  iida です。




昨日はファクトリーに映画をみに行きました!















3Dで!(°▽°)





















「ジオストーム」  みました!







4DXは以前経験しましたが、

3Dは意外と初!!!


最初、画面と字幕が一緒にみれなくて苦戦しましたが、

意外とすぐ慣れました!^ ^


あと、ちょっと酔いそうでしたが、

これもなんとか乗り切り、

楽しくみれました!( ̄▽ ̄)





映画の内容ですが、(引用)


天候を意のままにできる宇宙ステーションが開発された近未来、

地球は未曾有の自然災害に襲われることがなくなる。

ところが運用開始から2年後、

宇宙ステーションがウイルス感染して暴走し各地で異常気象を引き起こしてしまう。

巨大災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐため、

宇宙ステーションの開発者ジェイク(ジェラルド・バトラー)と彼の弟マックス(ジム・スタージェス)が立ち上がる。






ショッキングな広告に導かれ、

「これはみないと!!」

と、思い。


でもB級の臭いがプンプンしながら、

期待せずに鑑賞!♪(´ε` )



B級感はなかったです!

出演者も そこそこ豪華!

いいのか、悪いのか、

安心の王道ストーリー!(笑)


かなり、ヨイショで「アルマゲドン」入ってました!(笑)



でも、映画館でみて正解!


迫力満点の映像は是非映画館に足を運ぶべき!d( ̄  ̄)


って、年に1回程度しか行かない iida が言うのも何ですが!(笑)



オススメです!)^o^(






帰りは久々スープカレー!







美味しかったです!(^-^)v






2018年1月17日水曜日

ライフ







年末に両足をつり。

年始に寝違え。

良くなった頃に風邪をひき。

今、やっと普通の生活になれそうな iida です。




皆様は「ドラマ」みますか?

iida は基本みません。^^;


が、


この間、「モニタリング」をみて、

一瞬で「吉岡里帆」を好きになってしまい(笑)

昨日、「きみが心に棲みついた」をみてしまいました〜(笑)

まだS男子みたいの流行ってるんですかね?( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

漫画も少し読みました。

んでもって、

火曜日の10時って

ちょうど みやすいんですよね〜!

きっと毎週みるでしょう〜!(≧∀≦)

























「ライフ」  みました。







内容は (引用)


世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、

火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。

まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、

細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。

やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、

宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、

ついには命を落とす者も出る。

助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。






SFホラーの教科書のような作品。

「エイリアン」「遊星からの物体X」など、

またまた「ゼロ・グラビティ」をも彷彿させる作品になってます。

もちろんB級ですが。。(^^;

でも、これ系は いつみても

ハラハラドキドキが止まりません!

そしてホッとするラストシーン。


。。。


「えっ?!?!」


「マジ?!?!」



教科書通りのラストシーンが描かれていない!Σ(・□・;)



必見です!(笑)








2018年1月11日木曜日

昼顔





こんにちは! iida です。



火曜日はボーイッシュの新年会!











もつ鍋、美味しかったっす!!(^O^)







さあ!新年会で今年1年の豊富でも発表してもらいますか!



って、事もなく。。。






主役は子供たちでした!(笑)

























「昼顔」  みました!








内容は  (引用)


夫がいる身でありながら妻のいる北野裕一郎(斎藤工)と惹(ひ)かれ合い、

不倫関係に陥った笹本紗和(上戸彩)。

その関係が公然のものとなり、

彼女は北野と離れ夫とも別れることになった。

それから3年後、

彼女は海辺の町で杉崎尚人(平山浩行)が営むレストランで見習いとして働きながら暮らしていた。

ある日、

蛍に関する講演で紗和と北野は偶然の再会を果たす。

まだ冷めていなかったお互いの気持ちを確かめ合う二人だったが、

その前に北野の妻・乃里子(伊藤歩)が現れる。






すごい映画ですね〜。(^_^;)


最初は淡々と話がすすみますが、

途中から気軽にはみれませんです。


不倫の代償はデカい!



救われないなぁ〜( ;  ; )



誰にもススメられない!(笑)










2018年1月8日月曜日

パトリオット・デイ





こんにちは!

バスに乗っていて、

終着駅なのに 「ピンポ~ン」を押してしまった iida です。 (-_-;)




















「パトリオット・デイ」  みました。








内容は (引用)


2013年4月15日。

アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、

ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。

そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。

街がパニックに包まれる中、

FBIは爆発をテロと断定。

ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、

捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。

やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。






アメリカ万歳!

ボストン最高!

の映画です。(^。^)




実話。



2013年4月15日に発生し4名の犠牲者と約300名の負傷者を出した

ボストンマラソン爆弾テロ事件。


犯人を追い詰めるまでに

市民や地元警察の力で犯人を捕まえる話。


銃撃戦も緊張感あり、

みていて飽きる事ありません。


評価もかなり高めです。



ピーター・バーグ監督

マーク・ウォールバーグ主演

バーニング・オーシャンのコンビ。


両方とも当たり映画ですね!d(^_^o)



この映画の凄いところ!?


主演のマーク・ウォールバーグが

ほとんど活躍してない!(笑)


ある意味みたことない映画です!(笑)


そしてこの映画をみて思いました。


住んでいる街に誇りを持つ事。

好きになる事。



っていう事で。。。



札幌万歳!!(笑)








2018年1月4日木曜日

ダンケルク





こんにちは!  iida です。


今日から営業です。(^^)

本年も宜しくお願いします!(^o^)



沢山のお休みをいただきありがとうございました。m(_ _)m



楽しく充実した正月休みでした!




大晦日

娘と一年のお礼参りに北海道神宮へ!












初めての試みだったのですが、

大切な事と知り

今度から大晦日に取り入れようと思います。^ ^





そして、

この日から

基本グダグダです。

髪なんてセットしません。







こうなります。(笑)




午後からスポーツ店にバッシュを買いに行き、

全く同じ形なのに

値段が倍近く違う!Σ(・□・;)


娘いわく、

「高い方が軽い!!」

「言われてみると。。。」

「でも、同じじゃね?」

「いや!全然違う!!」

「目つぶってみい!」

2種類のバッシュを右手と左手に持たせる。

軽いのは?

「こっち!」

それ、安い方。(爆)

「もう一回!」

「。。。。」

「こっちーー!!」


やっぱり安い方!!!(爆)(爆)(爆)


安い方 お買い上げ〜!(笑)






夜は家族でカラオケ大会!






歌ってるのじいちゃん。(笑)

横で踊ってるの嫁。(笑)

後ろのDJボックスにいるの iida です。(笑)







元旦は姉家族が来て、

昼から夜まで宴会です。(≧∀≦)




2日は暖房を入れに店に来ます。

狸小路、にぎわってました!







友達が来て、











昼間っからステーキ&ビール!

その後、懲りずに

北海道神宮に初詣。






2人とも大吉!!!!!

(=´∀`)人(´∀`=)

毎年2人で引くのですが、

ダブル大吉は初です!!



夜は嫁の実家で妹夫婦と嫁のいとこと飲み会!

飲み続けます!(笑)




3日は家族で

北海道神宮に初詣!(笑)(笑)

どんだけ神頼み?!(笑)



お客様がたこ焼きの出店をやってて、

500円のたこ焼きをひとつ頼んだのですが、

他の従業員にバレないように2つ入れてくれて、

1,000円出したのですが、

「はい、お釣り!」

って500円玉2枚くれるという。。。(笑)


すいません!

ありがとうございます!

美味しかったです!(^∇^)



最後にスーパーに買い物に行き、

ダンボールに詰め込んだ商品をマスクをした嫁が持っていて、

そこに娘が「マスク変に折れてるから直してあげる!」って言って

ふざけてマスクを目の位置にやって

嫁が 両手ふさがってるので

どーにもこーにも出来ず のたうち回ると言う。。。

3人で大爆笑!



そんな正月休みでした!(笑)





















「ダンケルク」  みました!






内容は (引用)


1940年、

連合軍の兵士40万人が、

ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。

ドイツ軍の猛攻にさらされる中、

トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。

一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、

民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。

さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、

数的に不利ながらも出撃する。





監督は『インセプション』などのクリストファー・ノーラン。

らしくないジャンルに手を出した感じですかね?!


話は結局

ナチが強すぎてフランスヤバイから

生きのびてイギリスに帰ろうよ!

って話。




なのに、



素晴らしい出来栄え!



そこはやっぱ

クリストファー・ノーラン!!!



圧倒的なスケールで活写される戦闘シーンや、

極限状況下に置かれた者たちのドラマに引き込まれるように出来てますね〜!d(^_^o)




いい映画です!(^◇^)