2011年12月30日金曜日

BOOVIE 2011年間 RANKING BEST10

こんばんゎん! iida です。





2011年も残すところ
 
あと1日になりましたね。

  
   
ボーイッシュの今年の営業は本日にて終了とさせていただきました。
  
今年1年、ご来店いただきました皆様には
 
本当に感謝、感謝、感謝でございます。
  
   
あっとゆ~まに1年が過ぎ去っていくなか、
 
今年もいろいろな事がありました。
  
  
来年も今年同様
 
飛躍の年に出来るよう
 
スタッフ全員で
 
笑顔で
 
皆様をむかえれるよう努めたいと思います。

  
   
  
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
   
 
 
 
 
  
 
  
さて、
  
  
例年のごとく、
  
  
今年も発表させていただきます!
  
  
  
 
iidaが勝手に選んだ
  
  

  
  
iida的 2011 映画(DVD) BEST 10
  
  
 
  

今年は10位からいかせていただきます。
  
  
 

2011年にみた映画の本数、
  
   
約60本
  

  
その中から選んだ
  
今年の優秀作品は~
 
 
 
 
 
 
 
  
 10位 悪人
 
 
 9位 X-MEN ファーストジェネレーション
  
 
 8位 ヤギと男と男と壁と
 
 
 7位 ソーシャルネットワーク
  
  
 6位 ブラックスワン
 
 
 5位 告白
 
 
 4位 漫才ギャング
 
 
 
 
 
 
 
ベスト3~~~~~~
 
 
 
 
 
 
 
  3位  塔の上のラプンツェル
 
 
 
 
 
  2位  ハナミズキ
 
 
 
 
 
 
 
いちい~~~~~~~~~~~~~~
 
 
 
 
 
 
 
 
  
   1位  バーレスク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高橋さん一押しの映画がそのまま1位になっちゃいました~(^O^)
 
  
いい映画です!
  
 
まだみていない人がいましたら
  
  
是非!!! 
 
 
 
 
 
 
 
みなさま、
 
 
 
よいお年を~(^O^)/
  

 
 
 
 
 
 
 
 


2011年12月28日水曜日

Cars 2

  
  
  
  
こんばんは! iida です。
 
 
 
 
 
「カーズ 2 」 みました!
  
 
 
 
 
私の大好きなディズニーピクサーでございます。
  
 
 
の、くせに
  
前作の「カーズ」みておりません。。。^^;
 
 
 
 
不安をよそに観賞!
 
  
  
  
絵的にはキッズなのに、
  
内容は「007」
  
  
いい意味でか、悪い意味でか、
  
アダルトな感じを少々受けました。
  
   
みているぶんには
  
ハラハラドキドキで引き込まれるのですが、
  
本来のディズニーさを感じませんでした。(>_<)
  
  
でも、やっぱり
  
まとまっております!!!
  
  
 
 
さすがでございます!!!(^O^)
  
  
 
 
 
 
 
内容は(引用)
  
  
天才レーサーのマックィーンとレッカー車のメーターが訪れた“トーキョー”で大事件が発生。
   
さらには、フランス、イタリア、そしてイギリスと、
  
ワールド・グランプリで世界を旅するマックィーンたちが行く先々でスパイが暗躍。
    
マックィーンたちは巨大な陰謀から世界を救おうと立ち上がる。
   
   
 
  
  
  
   
 
残すところ
  
 
あと 2日!!(ボーイッシュの営業日)
 
 
   
  
今年の整髪、今年のうちに!!!(笑)
 
 
 
 

2011年12月24日土曜日

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら

 
 
 
 
Merry Christmas!!!
  
  
   
おはようございます! iida です。
  
 
 
皆様、今年のクリスマスは
 
どうお過ごしですか?
  
 
ボーイッシュはスタッフ全員
 
サンタの帽子をかぶって
 
営業しております!(^O^)
  
 
今からでも遅くありません!
  
是非、みにきてください!
  
年末と言う事もあり、
 
予約が少し入りずらくなっています。
  
 
急げ~!(笑)
  
  
  
  
 
「もしドラ」 みました!
 
 
 
 
「マネジメント」
 
高校野球を通すことによって
 
わかりやすく、
 
いろんなジャンルに適用する事を 
 
伝える映画。かな?
 
 
 
 

 
話はベタです。
 
 
 
 
 
超ベタなのに
 
泣きそうになりました。
 
 
 
 
 
ひょっとしたら
 
ちょっと泣いてたかもしれません。orz(笑)
  
  
 
 
 
  
高校野球って
 

  
すばらしぃ~! (^O^)
 
 
 
 
 
 
 
 

  

2011年12月14日水曜日

八日目の蝉






  





  






こんにちは! iida です。








「八日目の蝉」 みました。
  
  
  
  
 





内容は(引用)
  
   
DVD情報をみる不実な男を愛し、
  
子供を身ごもった女、野々宮希和子(永作博美)。
  
母となることが叶わない絶望の中、同時期に男の妻が女の子を出産したことを知る。
   
「赤ちゃんを一目見たい、見たらけじめがつけられる…」
   
夫婦の留守宅に忍び込み、ベビーベッドで泣いている赤ん坊を見た瞬間、
  
希和子は思わず子供を抱えて家を飛び出していた。
  
刹那的な逃亡を繰り返し、絶望と幸福感の中で疑似親子となった二人。
  
しかし逃亡生活は、4年で終止符を打つ。
  
……優しい母親だと思っていた人は、誘拐犯だった。
  
4歳の少女の、血のつながった両親との普通の生活はこの事件によって一変する。
  
誰にも心を許せず、両親とわだかまりを抱いたまま大学生になった秋山恵理菜(井上真央)は、
   
ある日、自分が妊娠したことに気づく。
  
相手は、希和子と同じように、家庭を持つ男だった。
   
幼い頃一緒にいた女友達に励まされ、
   
自分の過去と向き合うために、かつて母と慕った人との逃亡生活を辿る恵理菜。
  
最後の地、小豆島で恵理菜が見つけた衝撃の真実とは?
  
  
  

   
現在の絵理菜の生活から
  
過去を知るための逃亡生活で話が進んでゆき、

  
もう一方で
  
過去の希和子の裁判の答弁から
  
誘拐して、逮捕までの経緯も同時に進んでゆく。
  
  
  
  
この話の展開はとてもわかりやすく、
  
最後に一つの点につながってくるところは素晴らしいと思いました。

  
  
  
  
子供を持つ親として、
  
この映画をみたら落ちるんじゃないかと思いましたが
  
意外にそーゆー事もなくみれました。
 
  
  
  
が、
  
  
   
 
切ないです。
  
  
   
 
笑って楽しくみれる映画ではないと思います。(>_<)
  
  
  
  
僕的には、ただ、
  
  
  
  

ただ、 
 
 
 
   
  
切ない映画でした。
  
  
  
 
  
でも、
  
  

  
  
評価高しです!
 
 
 
 
 
 


2011年12月12日月曜日

Paradise Kiss

  
  
  
  
こんにちは! iida です。
  
  
  
  
「NANA」矢沢あい原作。
  
「僕の初恋をキミに捧ぐ」新城毅彦が監督。
  
  
  
  
 
  
「パラダイス・キス」 みました。
  
  
  
  
 
 
内容は(引用)
  
  
有名進学校に通う高校3年生の早坂紫(北川景子)は、
  
受験前なのに成績は伸び悩み、
  
クラスメイトへの片思いも進展のないまま。
  
なんとなく行き詰まりを感じていたある日、
  
街角で矢澤芸術学院の生徒からファッションモデルにスカウトされる。
  
最初は「大事な受験の前に、あんたたちのお遊びに付き合っているヒマはない!」
  
と突っぱねた紫だったが、
  
自分と歳も変わらない学生なのに、
  
ファッションブランド“Paradise Kiss”を展開している譲二(向井理)たちに興味を持ち始める…。
  
  
   
  
進学校で受験に悩んでいた頃に、
  
街でスカウトをうけて、モデルの道を選んだと言う噂の北川景子。
  
   
その経歴から感情移入しやすかったのではないのでしょうか?
  
  

  
話はとてもわかりやすく、
  
飽きることも全くなく、
  
音楽YUIの大音量から始まる感じも良かったですし、
  
大事なシーンで使われた
  
SWEET BOX「Everything's Gonna Be Alright」
  
個人的に大好きな曲なので、メチャ感動しました☆
  
  
   
  
少女マンガなので
 
恋愛メインだとは思うのですが、
  
一人の女の子のシンデレラストーリーを描いた
  
いいお話(映画)だったと思います。
  
 
 

  
  
ただ年齢的に、
  
向井理と北川景子の10代はちょっと無理があるかも。。。
  
 
 
  

 
 
それに向井理が
  

カッコよすぎて
  
  
きらいです。(定番・笑)
 
 
 
 
 
 
 

  

2011年12月9日金曜日

岳 -ガクー



 

 

 

 

こんにちは! iida です。

 

 

 

  

 

「岳 -ガクー」 みました。

 

  

 

 

 

 

2、3年前にテレビで

 

BOOK STORE 店員が選ぶ

 

マンガBEST1に選ばれたのをみて

 

ず~と気になっていました☆

  

映画化されると知って、

  

絶対DVD でみようと思っていました!

  

(なぜか映画館ではない(笑))

  

  

  

原作を読んでいる方から

  

やたらと人が死ぬ

  

と、噂で聞いていました。

  

たしかに、死んでしまいます。(>_<)

  

  

でも、これは

  

山登りの過酷さをリアルに伝えたい意図があるんじゃないかと思いました。

  

軽い気持ちで始めてほしくない。

  

  

でも、山登りの本当の素晴らしさも伝えたい!

 

  

この二つのがあっての「岳」だと思いました。

  

  

  

深いと思います!!!

  

   

 

最初、小栗旬の配役に違和感を感じましたが

  

すぐに慣れました。

  

  

山岳救助隊の事はよくわかりませんが、

  

ちょっと「海猿」入ってました。が、

  

やっぱり男からみるとカッコイイです。。。^^;

  

  

ロケ地の場所もよくわかりませんが、

  

絶景です!

  

  

 


山登りのいいところたいへんなところ

  

 

 

しっかり詰まったいい映画です☆

 

 

 

 

  


2011年12月7日水曜日

My Back Page









 




  俺たちは、”何を”信じるのかー?




  




  俺は、”何で”寝違えたのかー?







  




こんにちは! 首が回らない iida です。




  







   




「マイ・バック・ページ」 みました。




  




  







内容は(引用)




東大安田講堂事件をきっかけに全共闘運動が急激に失速を見せていた、1969年。
   
東都新聞社で週刊誌編集記者として働く沢田は、
  
取材対象である活動家たちの志を理解し、
  
共有したいという思いと、ジャーナリストとして必要な客観性の狭間で葛藤していた。
   
2年後のある日、沢田は先輩の中平とともに梅山と名乗る男から接触を受ける。
  
梅山から「武器を揃え、4月に行動を起こす」と言われ、
  
沢田は疑念を抱きつつも親近感を覚えるようになる。
 
 
 
学生運動のお話ですかね?
  
僕には結構難しかったです。
  
 
話も淡々と進み、眠くなることもしばしば。^^;
  
  
しかし、沢田演じる妻夫木聡と、梅山演じるマツケンの演技は
  
みるものを魅了させます。
  
淡々としたなかにも細かい描写が後に効いてきます。
  
 
沢田と梅山の距離感が絶妙で、
 
同じ価値観を持ちながら
 
違う立場でぶつかり合う信念
  
 
そして社会の重圧に潰されていく若者の言動。
  
  

  
ラストシーンの沢田の涙の意味とは・・・?
  
  
   

意味も考えさせられますが、
  


 


「きちんと泣ける男の人が好き。」
  
  

ちょっとしたワンシーンなのですが、
  
  

ここにつながってくるとは。。。。
 
  
  
 
  
お見事!!!
 
 
 
 
 
 

2011年12月4日日曜日

EDGE of DARKNESS



  

  

 

  

こんにちは! 

   

 

雪、降りましたね~☆

  

気温が少し高めのせいか、

   

ベチャベチャで歩きずらいですよね。。。(>_<)

  

朝の通勤から

  

水たまりにハマり、

  

靴下までベッチャのiida です。

  

  


  

  

  

「復讐捜査線」 みました。

  

  

  



  

  

クライムサスペンスですね。

  

娘が何者かに暗殺されて、

  

警察官である父親が

  

復讐にむかう。

  

そこそこ王道のお話です。

  

  

特別どんでん返しがあるわけではないので、

  

少し物足りなかったのですが、

  

全体の演技力が良かったので

  

ググッっと引き込まれました!!!

 

 

 

9年ぶり?

 

2002年の「サイン」以来の主演でしょうか?

  

  

メル・ギブソン

  

 

「パッション」など監督業をもこなしている傍ら純潔愛動家としても知られています。

  

家庭でのDV もちょっと話題になりましたけど。。。

  

  

そんな メル・ギブソン!!!

  

  

演技はやっぱり一流と思いました。

  

  

彼の出演映画で90年の

 

「ハムレット」て言う映画があります。

  

  

iida が号泣した 一本です!

  

  

だいぶ年齢も重ねて、

  

「マッド・マックス」のようにはいきませんが、

  

これからもドンドン出ていただきたい俳優さんの一人です!!!(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  

 

 


 

 

2011年12月3日土曜日

SUPER 8

 
 
 
 
こんにちは! iida です。
  
  
 
  
TVドラマ 「LOST 」一躍有名になったJ・J・エイブラムが監督・脚本。
  
地味に「アルマゲドン」の脚本家であり、
  
「MI:3 」でメガホンをとった人。
  
そして、
  
製作にスティーヴン・スピルバーグ
  
  
 
 
  
  
「スーパー8 」 みました!
  
  
 
 
 
  

内容は、
  
  
簡単に言いますと、
  
  
少年たちがエイリアンをやっつけるお話。
  
  
そして、
  
  
スピルバーグの詰め合わせの映画
  
  
「スタンド・バイ・ミー」
  
「未知との遭遇」
  
「E・T 」
  
「グーニーズ」
  
 
を、思い出させます。
  
  
  
映画好きにはたまらないと思います。(^-^)
  
  
時代は79年のアメリカ。
  
その頃の社会情勢や流行りなども
  
随所に出てきます。
  
  
  
「スーパー8 」
  
その時代の製作用の8㎜なのかな?
  
  
  
少年たちで(少年たちと言うか、ちなみに14歳です。)
  
8㎜映画を作るシーンから
  
どんどん、事が大きくなっていきます。
  
  
もちろん、スピルバーグですから
  
その辺の映像は外しません!!!
  
  
大迫力です!!!
  
  
 
スピルバーグをおなかいっぱいに完食した後に
 
流れるエンドロール。
  
エンドロールの横に
  
スーパー8で撮った
 
彼等の映画が上映?されます。
  
  
  
ちなみに「ゾンビ映画」です!
  
  
一番面白かったです。(笑)
  
  
  
  
 

2011年11月24日木曜日

GANTZ PERFECT ANSWER




  


 


  


こんにちは! iida です。


 


 


 


 


 


「GANTZ PERFECT ANSWER 」 みました。


 


 


 


 


 


〆ですよね?


  


  


  


昨日、夜中からみ始めたのですが、


  


ねむたい~、ねむたい~、、、、、


  


、 、 、 、 、 、 


  


  


  


シャキーン!!!ですよ!(@_@;)


  


  


 


 




  


  


オリジナルなんですよね?


  


原作を読んでないので


 


なんとも言えませんが、


  


面白かったです!(^O^)


  


   


 


面白かったのですが、


  


原作を読んでないので


  


根本がわからないのです。


  


  


GANTZ って何者ですか?^^;


 


GANTZ と星人と人間の関係性がわかりません。


  


  


 


機会があったら


  


原作読んでみま~す☆


 


 


 


 


 


2011年11月17日木曜日

THOR


    
   
   


こんにちは! iida です。
  
 
 
 
 
 
「マイティ・ソー」 みました。
 
 
   
 

 
ヒーローものっす!
 
マーベルコミックっす!
  
マーベルと言えばヒーローものっす!
  
スパイダーマン、X-MEN、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、
  
  
キリがないっす!
 
 
 
 
その中でも、
  
マーベルコミック史上最強と呼び声が高い
  
マイティ・ソーっす!!!
 
 
  
  
ふざけた感じで
   
すいませんっす!
 
  
  
  
内容は(引用)
  
  
神々が暮らすアスガルドの国では、
   
全能の王・オーディンの息子・ソーの戴冠式が行われていた。
  
しかし、敵対する氷の王国・ヨトゥンヘイムの巨人が侵入し、
  
式は中止になる。
  
腹を立てたソーは、オーディンの命に背き、ヨトゥンヘイムへ攻め込む。
  
その身勝手で傲慢な振る舞いに怒ったオーディンは、
  
ソーを地の国・ミッドガルドへ追放する。
  
米国ニューメキシコ州の砂漠に落ちたソーは、
  
宇宙物理学者のジェーンの車にぶつかり…。
  
  
  
このジェーン役がナタリー・ポートマン
  
自分だけかもしれませんが、
  
役者として大きすぎて
 
彼女の出るシーンが
 
いい意味でか悪い意味でか
  
アメコミっぽさを消してるようにも思いました。
  
  
でも、いい配役いいポジションとも思いました。(^-^)
 
   
 
 
内容も普通に面白かったです!
  
 
 

  
結構オススメです☆
 
 
 
 
 
 

2011年11月9日水曜日

THE MECHANIC

  
 
 
 
こんにちは! iida です。
 
 
 
 
 
「メカニック」 みました!
 
 
 
  
 
内容は(引用)
 

ターゲットを機械(メカニック)のように的確に始末する暗殺者、
  
アーサー・ビショップ。ある日、雇い主の闇組織から、
  
アーサーの恩人、ハリー・マッケンナ暗殺指令が入る。
  
ハリーが組織を裏切ったというのだ。
   
葛藤しつつもハリーを殺したアーサーは、ハリーの息子、スティーブと再会する。
   
何も知らないスティーブは、アーサーに暗殺のテクニックを教えて欲しいと言う。
  
アーサーはスティーブを助手として暗殺術を仕込み始めるが…。
  
 
 
  
「トランスポーター」ジェイソン・ステイサム
 
こ~ゆ~役はハマりですね~(^-^)
  
みていて、まったく
 
違和感を感じません。
  
  
よわよわのステイサムはありえないですね~ヽ(^o^)丿
 
  
メチャアクションです!
  
  
内容もそこそこ面白いですし、
  
(昔のリメイク版らしいですけど)
  
  
最近、アクションみてないな~
  
 
って、言う人には超オススメです!!!
  
   
92分あっという間にみれる作品です。 
  
  
  
是非!
 
 
 
 
 
 
 

2011年11月4日金曜日

PIRATES of the CARIBBEAN ON STRANGER TIDES

  
  
  
  
 
こんにちは! iida です。
  
  
  
  
今月の21日から連休をいただき、
  
ディズニーランドに行かせていただきます!(^○^)
  
 
ディズニー史上最強ヒットムービー
 
 
 
 
 
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ 生命の泉」 みました!
 
 
 
  
 
内容は(引用)
  
  
古い仲間のギブスを絞首台から救うべく、

ロンドンに足を踏み入れたジャック・スパロウ。

そこでは、「ジャックが“生命の泉”を目指すため乗組員を集めている」という噂が流れていた。

偽のジャックを求めて行った先には、かつて彼が愛した女海賊アンジェリカがいた。

彼女に捕えられたジャックは、驚くべき告白を聞く。

アンジェリカの父は残忍で知られる海賊・黒ひげで、

その父に下された予言を覆すために“泉”に行く必要があるというのだ。

一方、泉を目指して進むジャックたちを追う船があった。

そこにはジャックの宿敵バルボッサの姿があった。
  
  
 
  
  
美しき人魚も出てきます!
  
黒ひげ!
  
そして、ジャックの吹き替えが
 
平田広明
 
 
 
と、きたら
  
 
もう、「ワンピース」ですよ!
  
   
平田さんと言えば
  
「サンジ」の声!
 
他にもワンピの中で7役ぐらいしてるはず!!!
  
  
「女のウソは、許すのが男だ!」
  
「俺は死んでも女は蹴らん!!!」
  
「人は心だろうが!!」
  
  
サンジの名言を
  
平田さんがカッコよくこなしてます!
 
  
   
あれ?
  
  
 
「ワンピース」の話になってる!(;一_一)
  
  
  
  
実はディズニー好きのiida ですが、
  
  
「パイレーツ」、ちゃんとみてないです。。。
  
  
  
1作2作とみたのですが、
  
多分3作目、みてないです。
  
そして今回がんばってみたのですが、
  
  
何かやりながらで
 
ちゃんとみれませんでした(>_<)
  
  
じゃ~ブログ書くなよ って話ですが、
  
どうしてもサンジの名言をかきたくて・・・。
  
  
パイレーツファンの方、
  
本当すみません!
  
  
  
次はちゃんとみま~す!!!(^O^)
 
 
 
 
 
 
 

   

2011年10月26日水曜日

Galaxy Express 999

  
  
  
  
こんにちは! iida です。
  
 
 
 
 
 
みつけてしまいました。(@_@;)
  
  
 
 


   
「銀河鉄道999」 みました~!
  
 
 
 
 
 
 
旧作です!(笑)
 
 
 
 
 
 
  
皆様はこのアニメ
 
存在ぐらいは認知されてますよね?
  
EXILE さんも歌ってましたもんね!
  
  
 
内容は?
  
 
なんとなく?
  
  
 
 主人公の星野鉄郎
  
 最愛の母を機械伯爵に殺され、
  
 自分も機械の体を手に入れて
 
 機械伯爵を復讐する。
  
 銀河鉄道999に乗って
  
 機械の体がタダで手に入る星へ向かおうとする。
  
 銀河鉄道999に乗るためには
  
 多額のお金が必要。
  
 そこに謎の女性メーテルと出会い
  
 同乗する事を約束に999に乗せてもらう。
  
 ざっくりですが、こんなお話です。
  
 
  
 
 

今みても全然イケてますね!
  
 
 
  
メーテル鉄郎の母クレアさん
  
みんな美しいし!
  
 
最近ではメーテルのコスプレも流行ってるらしいです。




内容もさることながら
  
音楽もいい!
  
  
 
 

みていて、
  
 
自分でもビックリしたのですが。。。
  
  
  
  
この映画がリアルタイムでやっていた頃、
  
  
 
 
 
 

  
   
、、、、、
   

  
 
 
 
  

  
 
むか~し、むかしのことじゃった・・・(笑)
  
  
 
 
  

  
僕が小学生のころ、
  
テレビでこの映画が放送され、
  
テレビからカセット(古)ダビングをして
  
寝る前に布団の中
  
その録音したカセットテープをいつも聞いていました
  
  
  
  
  
そして、ときは2011年
  
  
 
 
 
 
先日この映画を見たとき!
  
  
  
  
なんと!
  
  
  
 
流れてくる音楽はもちろん!
  
  
セリフまでも
  
  
覚えているでゎございませんか!!!(>_<)
  
  
  
人間のメカニズムって
  
  
スゴイ!!!
  
 
 
 
 
 
そんな想い出いっぱいの
 
 
 
 
 
  
「銀河鉄道999」
 
  
 

  
 
 
  
是非!!!
  
 
  
  
 
 
 

名言もありますよ~(^○^)
 
 
  

  
 

2011年10月24日月曜日

X-MEN FIRST CLASS

 
  
  
  
  

こんにちは! iida です。






「X-MEN ファースト・ジェネレーション」 みました。
  
  






今回で5作目ですね!
  
5作も出して、どんどん面白くなっていく
  
X-MEN、すごい!!!
  

   
みた事がない人でも
  
全然面白くみれると思います!
  


  
いわゆる、X-MENの最初の話ですから!
  
   

もちろんマニアの方たちには
  
たまらない内容になってますよね!!!(^O^)
  
   

僕はマニアでないので
  
ちょっとだけ復習しました。
  
  
  
ちょっと復習しただけで
  
何かがワクワクしてみてしまいました!
  
  

エンターテイメントだけではなく、
  
社会問題人間関係をもしっかり取り上げられた
  
濃い~映画だと思います。
  
  


  
映像の迫力もすごい!
  
  
映画館でみるべき映画でした~!(>_<)
 
 
  



 
チョイネタバレですが、
  
  
今回の主役は、
  
若き日のプロフェサーXマグニートー


  
今まで前線でやってきたウルヴァリンが、、、
  


オカメ出演(チョイ役みたいな)しちゃってました~!!(笑)
   


ウルヴァリンの扱いかた
  
  
VERY GOOD です!!!!
  
   
あのシーン、絶対笑うとこですよね!!!
  
   
ナイス演出です☆
  
  
 
  




  
今回のこの作品

  
 
ワクワクしながらみてしまった
 
もうひとつの理由。。。
  
 

 
自分だけかもしれませんが・・・

 

 
 
 

  
  
アニメの「ワンピース」っぽくないですか?
  
   

ミュータント
 
悪魔の実の能力者に見えてしょうがない。


  
そしてミュータント同士の戦いが
  
海賊同士の戦いで
  

人間たちとの戦いが
  
海軍、政府との戦いにみえてしまいます。
  


   
普通、そーゆー視点でみると
  
比較してしまいがちですが、
  
  
  
やっぱりそこは
  
シリーズ化の強みですね!!!
  
  
  
ワンピース は ワンピース!
  
  
X-MEN は X-MEN!
  
  
  
  
 
  
次も超期待です!(^O^)
 
   
  
  
  
   

2011年10月19日水曜日

HEREAFTER

  
  
  
  
こんにちは! iida です。
  
  
  


  
 
「ヒアアフター」 みました。
  
  


  
  
  
「ヒアアフター」=「死後の世界」
  
  
霊の映画?
  
と、思いきや
 
意外と、そんなオカルト的な感じではなかったです。
  
  
  
とは、言え
  
監督は
  
クリント・イーストウッド 
  
   
しっとり重いイメージ。
  


   
が、
   
  


総指揮官に
  
スティーブン・スピルバーグ
  
  
冒頭から、迫力の津波シーン
(こちらもタイミングが悪く日本では上映禁止に(>_<))
  
地下鉄爆破シーン
   
と、なかなか眠気を誘わないパニック系の展開に!
  
  
  
内容は


悩み多き霊能者のアメリカ人ジョージ(マット・デイモン)の話と
  
津波の災害で一度臨死体験したテレビキャスター、フランス人のマリーの話と、
  
双子の兄を交通事故で亡くしたイギリスの少年マーカスの話。

  
この3つの話が併用して進むのですが、
  
  
もちろんパニック映画ではありません。
   
オカルト映画でもございません。
  
  
ジョージ、マリー、マーカスの
  
人それぞれの苦悩を
  
死と言うものを通して
  
前を向いて生きていこうと描かれた
 
ポジティブシンキング映画のように思えました。
  
  
  
もちろん最後のほうで
  
3人は繋がるのですが
  
  
そこからが深い!
  
  
考えないでみたら、
  
まったく面白くないと思います。
  
  
もちろん僕は
  
微妙でしたよ~(笑)
  
  
  
やっぱりクリント・イーストウッドの映画は難しい!
  
でも深いところを追求すると
  
スゴイ映画なんだな~と、
  
都度思わされます。
  
  
 
深いです。。。
  
 
  
  
「ヒアアフター」=「これから先」
  
  
 
  
 

2011年10月16日日曜日

UNKNOWN

  
  
  
  
こんにちは! iida です。
  
  
  
  
  
「アンノウン」 みました。
  
  
  
  
  
内容は(引用)
  
 
医学博士のマーティン・ハリス(ニーソン)は
 
若い妻とともに学会に出席するためベルリンへと赴くが、
  
宿泊するホテルに向かう途中で交通事故に遭う。
  
病院で一人意識を取り戻したハリスだったが、
  
妻にはその存在すら認識されず、
  
見ず知らずの男が自分になりすましていたため、
  
真相究明に乗り出すが……。
  
  
  
 
リーアム・ニーソン外さないです!!
  
大作中の大作にはなりませんが、
  
iida 的に彼の作品は無印良品です!(^-^)
  
  

   
内容も好き系で、
  
謎解きアクション。
  
  


「だまされた~」
  
て、感じより
  
「そーゆー事か~」
  
て、感じでした。
  


  
最初のほうみ直したくなります。
  
て言うか、み直しました。^^;
  
  


  
ネタバレ風で悪く言ってしまうと
  
「ボーンシリーズ」です。。。(>_<)
  
  
  

でも、期待しないでみると
  
絶対面白いと思います!
  
  
  
   


  
当初、邦画タイトルが
  
  
「身元不明」だったそうですが、
  
   
ちょうど東北地方太平洋沖地震がおきた為
  
  
「アンノウン」に変更したそうです。
  
  
そりゃそうだ。(>_<)
  
  
  
 

  
   
  

2011年10月12日水曜日

THE ADJUSTMENT BUREAU

  
  
  
   
こんにちは! iida です。
  
  
  
  
「アジャストメント」 みました。
  
  
 
  
 
内容は(引用)
  

スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、

過去のスキャンダルにより落選。

敗北宣言を控えたデヴィッドだが、

エリースという女性と偶然出会った事から予定とは違うスピーチをし、

結果それが功を奏す。

そんな彼の動向を“アジャストメント・ビューロー”のエージェントたちがチェックしていた。

2年後、そのエージェントのミスからデヴッドはエリースに再会。

しかし、エージェントたちから二度とエリースに会わないよう警告される。
  
  
  
  
結構意味不明でした。。。^^;
  
    
  
最初はハラハラドキドキ したのですが、
  
後半、これはアクション映画ではない事を察しました。
  
意外とまじめにみないと おいていかれるかも・・・です。
  
  
  

フィリップ・K・ディックと言う方の原作は、
  
『ブレードランナー』

『2001年宇宙の旅』

『トータル・リコール』

『スクリーマーズ』
  
と、SF短編が多いらしく、
  
SF を通して
 
人が生き抜くメッセージを強く描いているそうです。
  
  
「アジャストメント」
  
最終的には、
 
  
 
自分の運命は、自分次第で変えられる!
  
  
 
と言うメッセージが込められていたように思えました。
  
  
強い意志を持って生き抜くこと!
  
  
大切だす。 (V)o¥o(V)
 
  
 
 
 
  

2011年10月7日金曜日

No Strings Attached

  
  
  
   
こんにちは! iida です。
  
  
  
  
  
「抱きたいカンケイ」 みました。
  
  
 
  
  
皆様は、セックスフレンドいらっしゃいますか?!(爆)
  
  
  
 
スゴイ切り出しですが・・・
   

ようは、こちらの映画、
  
   
セックスフレンドから本気の恋に落ちてゆくお話。
 
  




世の男性の言い分を代弁いたしますと。。。(笑)
  


 


じゅうぶんありえます!(笑)
  

  

  
 
でも、
  
今って、
  
逆だったりしますかね~^^;
  
  
  
実はこちらの映画も
  
どちらかと言うと
  
女性からの割り切りです!
  
 
 
 
ベッドシーンは多いですが
  
アダルトチックさはないので
  
普通のラブコメとして
 
楽しくみれると思います(^-^)
  
  
  
内容は引用ですが、こんな感じです。
  

医者のエマは、恋愛をしたいと思うものの、

週80時間の労働時間では出会いもなければ、

恋をする時間もない。

そんな時、幼馴染みで気の合う友だちのアダムとつい男女の一線を越えてしまった。

実はエマに恋心を抱いていたアダム。

しかし、約束通り再会したエマが提案したのは、

セックスしたい時だけ合う、体だけの関係だった。

束縛しない、将来も誓い合わない気楽な関係の筈だったが、

次第にエマはアダムの恋人が気になるように・・・。
  
  
  
是非!(^○^)
 
  
  
   

2011年9月29日木曜日

漫才ギャング




  


  


  


  


こんにちは! iida です。



  


  


「漫才ギャング」 みました!


  


 



これは、ヤバイ!!!


超面白い!!!


大爆笑!!!



品川最高!!!

  


2時間越え、まったくもって息つく暇なし



役者も色がしかっりハマってます!




石原さとみ、メチャ可愛い~☆

(最近自分、病気か?笑)


  


 


なんと言っても、


  


今回の最優秀男優賞


  


  


「宮川大輔」です!


  


  


笑いすぎておなか痛かったです!(^◇^)


  


内容云々も良かったです!!


  



絶対オススメ!!!(^○^)


  


  


 


 


 


2011年9月27日火曜日

My One And Only



  



こんばんは! iida です。








「たった一人のあなたのために」 みました。




  




大好きだった、レニーゼルウィガー。。。


老けちゃいました~(;_;



昔は本当にチャーミングだったのに~!



でも役者としては

やっぱりクオリティーが高い!


さすがです!




内容は、



浮気の夫を許せず、


成人近い息子2人を連れ


新しい夫探しに


ニューヨークからカルフォルニアまで


基本、あてのない旅に出ると言うお話。



途中途中、よく前彼に会って



アプローチをかけては撃沈すると言う。。。



学習能力がないと言うか。。。






そんな母親を支える次男(ローガン・ラーマン)。 


(ずっと、ザック・エフロンだと思ってました。(^_^;))





彼が父の背中、母の背中を見続けて
  


成長して行く姿が



この映画の見所?だったのかな~と思いました。





ネタバレですが・・・





父親が他界して、 

夜中泣きじゃくります。

次の日の朝、


プールサイドに座っている彼に


母親が「大丈夫?」と聞いたとき、





「こんなに天気がいいと悲しくなれないよ。」





と、



 

すでに前を向いている彼の姿が印象的でした。


 



家族の絆を描いたヒューマンドラマ。  



それと併用して、年齢を重ねた女性の理想と現実の壁。



  

意外とアリの映画です!(^_-)


  




そして、



  



この映画、



 



多分50年代のアメリカが舞台だと思うのですが、




この時代感がiida 的に




大好きです!!!




一番っぽい~!



  





 






2011年9月24日土曜日

塔の上のラプンツェル






  
  
  
  
こんにちは! iida です。
 
  
  
いきなりですが!
  
   
   
iida 的 いい女 BEST3 (9/24現在)
  
  
  
1位 ラプンツェル(塔の上のラプンツェル)
  
2位 真木よう子(SP)
 
3位 新垣結衣(ハナミズキ)
  
  
 
  
 
「塔の上のラプンツェル」 みました!(笑)
  
  
  
  
  
我が家、
  
たぶん多いと思われますが、
  
DVDがみれる場所、
  
5部屋あります。 ^^;
  
  
そのうちのひと部屋
  
寝室にもあるのですが、
  
その部屋で「ラプンツェル」をみること4回
  
  
寝室でみると、30分もちません。zzz
  
  
いや、
  
  
ラプンツェルをみると
  
心穏やかにすぐ眠りについてしまいます。(笑)
  
  
  
  
ディズニーアニメは本当に進化してますね!!!
  
  


今回の映像の美しさ☆
  

顔の表情の豊かさ!
  

  
顔の表情で結構笑えました(^O^)
  

  
特にラプンツェルの表情は
  
本当に可愛いです!!!
  
  
  
内容も、幸せな気持ちにさせてくれる映画です♪
  
  
  
  

 
   
中川翔子流石です!!!
  
 
  
 
 
  
  
 

2011年9月20日火曜日

THE KING'S SPEECH

  
  
  
  
こんばんは! iida です。
  
 
  
   
  
「英国王のスピーチ」 みました!
  
  
  
  
  
アカデミー作品賞!
  

いい映画です!
  
  
  
  
 
内容は(引用)


幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。
   
そのため内気な性格だったが、
  
厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、
  
さまざまな式典でスピーチを命じる。
  
ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、
   
スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていくが……。
  
   
  
国王だけに、スピーチの機会が多い。
   
吃音で上手くしゃべることが出来ないから
  
スピーチ専門家に克服出来るよう二人三脚で訓練をする。
  
  
  
 

「吃音」 初めて聞きました。
  
 
 
 
人によっては治すことが出来ないとも言われていますが、
  
映画をみた感じでは
 
何か改善希望を持てるように思えました。
  
  
  
脚本家も吃音者で
 
  
  
話も実話。
  
  
 
そう思ってみると
  
深い映画だなと思います。
  
  

  
でも、話の本髄は
  
  
人間ドラマ!!!
  
  
自信を持てない一人の男が
  
苦悩を抱えながら
  
周りの人の協力を得て
  
克服へと向かう!
  
  
 
  
行き過ぎない演出が
  
リアリティーもあり、
 
ヨカタデス!!!
  
  
 
  
  
この時代は
 
ヒトラー、スターリン全盛期?
  
  

映画って
 
歴史の勉強にもなりますね!
  
  
スバラスィ~!!!
 

  

2011年9月11日日曜日

BLACK SWAN










 




こんにちは! iida です。



  





「ブラック・スワン」 みました!





 



ちょっと最近みた映画の中では別格です。





 




内容は(引用)





ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナ(ナタリー・ポートマン)は、

純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに大抜擢される。

しかし優等生タイプのニナにとって“白鳥”はともかく、

悪の分身である“黒鳥”に変身することは大きな課題だ。

初めての大役を担う重圧、なかなか黒鳥役をつかめない焦燥感から、

精神的に追い詰められていくニナ。

さらにニナとは正反対で、“黒鳥”役にぴったりの官能的なバレリーナ・リリー(ミラ・クニス)が代役に立ったことで、役を奪われる恐怖にも襲われる。

ニナの精神バランスがますます崩壊する中、初日は刻々と近づいてくる…。




  
  
前評判がとても高く、
  
バレエを題材にして
  
とてつもなく深い映画なんだろうな~
  
と、思いながら観賞しました。
  
  
 


み終わって、




「すごい!」




   
「完璧!」
  



率直な感想でした。
  
  





「何がすごい?」
  

「意外と話はわかりやすかったし。。。」
  
  


「・・・・。」
  
 


  
   
「ナタリー・ポートマンだ!!!」 (なんか、ヒーローの登場シーンみたいww)
  
  



  
と、思いました。
  



  
  
演技だけではない、
  

もっとも、この映画を
  
  
残虐に
  
 
美しく
  
  
描きあげた存在そのものだと思いました。
  
  
  

  
監督のダーレン・アロノフスキーは存じ上げてないのですが、
  
演出能力はとても高いらしく
  
でも、それをこうしてなのか
  
製作費が安い。
  
今回も25億円希望で
 
結局、半分しか出なかったらしく、
  
ナタリー・ポートマンが
  
自腹でバレエレッスン料等払ってたらしいです。
  
  

  
バレエ団の元プリンス役のウィノナ・ライダー
  
映画の中でプリンセス役をポートマンに譲り渡すのですが、
  
ハリウッド女優としても、
  
ポートマンが出てきた時に、ライダーの後任者と言われてた事も。
  
  
 


  
なにかスゴイ!と思う事は多々あるのですが、
  

うまく書ききれないのですが、
  
   
今回のキーポイントは
  
  


「鏡」 だと思いました。
  
  


随所に出てきます。
  
  
いろんな意味があると思います。
  
   


 
もう一人の自分、母親・・・
  
 



   
  深い・・・。
  
 
 
   
   
 
 
書いていて
  
わけわからなくなってきました。(>_<)
  
  


  
   
とにかく、
  
  
面白い映画ではないと思いますが、
  
  
  
みる価値は絶対あると思います!!!
 


 
  
  
   
あっ、
   
エンディング、エンドロールで流れる
   
「白鳥の湖」
  
よかったです~!(^-^)
  
 
 
 
 
  
  

  
  
  

2011年9月9日金曜日

SP 革命篇

  
  
  
  
こんにちは! iida です。
  
  

  
  
「SP 革命篇」 約束通りみました!!!
  
  

  
  
絶対チンプンカンプン ですが
  

これは面白い!!!
  

みていて、誰が味方で誰が敵なのか、
  
どこまでの人がSP なのか、
  
この人、実はいい人なのだろうか?
  
結局わからずじまいでしたが、
  
「野望篇」より全然面白くみれました!(^○^)
 
 
   
昨晩は、眠ってしまうのを覚悟で挑んだのですが、
  


これは眠れません!
  
  
引き込まれます!
  
  



  
ネタバレですが、
 
 
ホームアローン的なシーン
  
真木よう子がひっぱたいて眼鏡が飛んでいくシーン
  
堤真一が香川照之に銃口を向けてる時の表情
  
SPの4人が国会議事堂の会議室に突入するシーン
  
  

楽しい!笑える!ドキドキ!カッコイイ!
  
  

内容も、日本人ならではの映画に仕上がっていると思いました!
  
   




  
ただ、最後が
 
  
ん~

  
結局ドラマか~。。。
  
 
 
   
もっとSPをみたい!!
  
と、思わせるような
  
終わり方だったら最高でした!
  

   
あまりにも、
  
続きますよ~!
  
を、みせ過ぎと思いました。(>_<)
  
  
 
 


  
と、言いながら
  
  
堤真一から岡田くんに渡された手紙。。。
  
  
 
 
   
気になり過ぎです!!!(;一_一)
 
  
 
 
 
 
 

  

2011年8月31日水曜日

借りぐらしのアリエッティ

     
   
  
  
   
こんにちは!
  
だいぶ前ですが、この作品が
  
すべてレンタル中で
  
店員さんに返却されてないか聞きに行こうとしたとき、
  
一瞬立ち止まり、
   
  
  

「借りぐらしのアリエッティ?」
  
   
  
 
「かりぐらしのアリエッティ?」
  
  

  
「かりぐらし?」
  

    
  
本当に「かりぐらし」か?
  
  
   
  
だいたい「かりぐらし」って、何?
  
     
  
「借りぐらし」と書いて「ひとりぐらし」と読むとか?
  
  
  
  
どうしよう・・・恥かいてまで聞きたくないな~
  
  
  
  
 
けっきょく
  
  
 
  
 
〇△#$%りぐらしのアリエッティありますか?
  
  
 
 
  
 
うまく?ごまかしました!(笑)
  
  
 
 
 
iida です。
  
  
 
 
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ」 みました。
  
  
 
 
 
  
内容は(引用)
  
 
 

身長10センチの小さなアリエッティ一家は、

人間が住む家の床下で、

さまざまな生活品をこっそり借りて暮らしていた。

彼らの掟は「決して人間に見られてはいけない」ということ。

しかし、アリエッティはその家に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまう。
  
  
  
 
ジブリにしては
  
原作があったせいか
  
シンプルに感じました。
  
   
僕はあえて、内容より
  
描写、音楽に視点をおきました。
  
  
  
小人のために作った家を翔くんにみせるシーンがとても大好きで、
  
なにか映画をみる感覚じゃない何かを感じました。
  
  
その時に流れる音楽が特にいい感じでした!!!
  
  
  
   
  
しかし・・・
  
  
  
  

  
   
ハルさん!(樹木希林)
  
   
いただけない!!!(笑)
  
  
  

 
 

2011年8月24日水曜日

SPEACE BATTLESHIP YAMATO

   
    
    



こんにちは! iida です。





 
   
  
 
  
   
   
    


「宇宙戦艦ヤマト」 みました。
  
  
  
  
  







ヤマト世代でございます。
   
   
  
 
   
    
   



が、
   
   
   
    



ちゃんとみた事ございません!!!
   
    
    
   
  



なので、
  
  
  
  
  
   



今どき世代の子でみさせていただきました!(笑)
    
   
   
  
   
  





初代ヤマトからさらば、永遠に、完結編、などなど、
   

と、長い歴史を2時間チョイで凝縮させてるとおもいますので、
    
   


ちょっと淡々とした感じがあったのですが、

   
 
よかったと思います!
    
    
   



キムタクは今回、やっぱりキムタクでしたが、
  
  



まわりの脇役、
     

山崎努西田敏行あたりは流石です!
   
   
  
   

   
  
  
    





終わり方、好きです!
     
     

   
   
くどくない!!!
     
     
   
     
  
  
   




エンディングにスティーブン・タイラー。。。
   
    
    

iida 的に NG です(>_<)
   
   
  

ただでもアルマゲドンちっくなのに、
    

結局、アルマゲドン?みたいにみえてしまいました。
  
   


まぁ、ヤマトのほうが古いんですけどね!^^;
   
  
 
  
  
  





「波動砲発射!!!」
   


   
  



カッ(^○^)








  
  
   
   
   
  
  
   

  

2011年8月16日火曜日

GULLIVER'S TRAVELS

 
  


こんばんは!

また何者かに刺されて、
  
足、ボッコリ腫れています!
 
只今、冷えピタ中の iida です。


 


 


「ガリバー旅行記」 みました。

  



  
  
  
内容は引用です。。。
 
  
新聞社で郵便仕分けの仕事をしながらジャーナリストを目指すガリバー(ジャック・ブラック)は、
  
謎のバミューダ三角地帯を取材するチャンスをつかむ。
   
取材のため、航海の旅へと出たガリバーだったが、
  
大海原で嵐に見舞われ、
   
気が付くと小人が暮らす国、リリパット王国にたどり着いていた。
  
  
  
  
皆様も子どもの頃、一度は「ガリバー旅行記」を目にしたり、耳にしたりした事があるのではないでしょうか?
 
 
その世界的有名童話を
  
『スクール・オブ・ロック』ジャック・ブラック主演で映画化したファンタジー・アドベンチャー
 

 
  
現代版と言うよりは、
  
コメディー版?したように思えました!(^・^)
 
 
 
タイタニック、アバターのパロディー。
(これはジェームス・キャメロンへのオマージュ?)
  
アイフォンは出てくるは、
  
十八番(おはこ)のギターロックは出てくるは、
  
  
  

爆笑です!!!
 
 
  
  
内容も、童話を再現しながら、
  
仕事へのポテンシャルや
  
恋の攻略法?を
  
伝える映画になってると思います!
  
  
  
  


しかし、なんと言っても
  
  
  

ジャック・ブラックです!
  
  

   
彼の集大成と言っても過言ではないと思います。
  
  
  

みて、笑っちゃってください!!!\(^o^)/
  
  
  
  


  


2011年8月15日月曜日

THE TOURIST





  
     
こんばんは! iida です。
  
  
只今、休暇中。
  
連休をいただき、大変ご迷惑をおかけしています!
  
17日の水曜日から通常営業とさせていただいておりますので、
  
よろしくお願いいたします。m(__)m
  
  
  
  
  
 
「ツーリスト」 みました!
 
  
  
  
  
  
内容は引用で!
  
  
 
逃亡中の国際指名手配犯、アレキサンダー・ピアースの恋人、
  
エリーズのもとに手紙が届く。
  
「8時22分、リヨン駅発の列車に乗り、
   
僕の体型に似た男を捜せ」。
  
指定されたヴェネチア行きの便に乗ったエリーズは、
   
ある男に声をかける。
  
その彼はアメリカ人ツーリストのフランク・トゥーペロ。
   
戸惑うフランクをよそに、エリーズはヴェネチアの高級ホテルに誘う。
   
そんな二人の様子は、スコートランド・ヤードの刑事に見張られていた…。
  
  
  
  
   
ジョニー・デップアンジェリーナ・ジョリーの初共演!
  
まさしく、今ハリウッドで一番あぶらののった二人ではないでしょうか?(^・^)
  
  
  
しかし、
  
どうしても「ソルト」アンジ
  
「パブリック・エネミーズ」ジョニー・デップイメージがあり、
  
正直、物足りなさを感じてしまいました!(^_^;) 
  
  
  
出演者が大物共演なので内容が役者を越えれなかった?
  
逆を言うと
  
大物俳優が内容をつぶしてしまった感があるようにも思いました。
  
  
 
 
 
 
あっ、酷評になってる!(@_@;)
  
  
 
 
 
悪い映画では全然ないんです!
  
映像、ロケ地の美しさ。
  
オーソドックスではありながら
  
まとまりのある内容。
  
  
純粋に映画を楽しむなら
  
かなりの高評価です!!!
  
  
  
ファッションも少し気になったのですが、
  
アンジのドレッシーなのは言うまででもないのですが、
  
わりかし最初のほうでフランク役のジョニー・デップの服装をチェックし、
  
「オシャレ!」
  
なんて思ってた矢先、
  
高級ホテルのチェックインでフロントにジロジロ見られてたのが
   
ちょっとショックでした。。。
  
  
 
 
でもカッコイイから
  
いいいいいいんです!
  
  
 
 
そして、ジョニー・デップが持っていたバッグ!
  
昨日、僕が買ったバッグと同じ形でした!
   
テンションアガリマクリっす!!!
  
  
 
 
話はずれましたが、
  
いいいいいいんです!
  
  
 
 
  
  
 
  言いたいのは、
  
  
 
 
  
  
  僕が
  
  
 
 
  

  昨日
  
  
 
 
  
  
 

  バッグを買ったって言うことです!(笑)  
  

 
 
 
 
 
 
 

2011年8月10日水曜日

GANTZ

  
  
  
  
  
   
先日、蚊に45か所刺されたと書きましたが、
  
腫れ方が尋常ではなく、
  
病院に行ってみたら
  
「ブヨ」と判明。
  
今も薬塗ってます、飲んでます。

残暑お見舞い申し上げます! iida です。

 
  
  
いですね~!
  
ブヨにはくれぐれもお気を付けください。
  
  
  
  
   
  
「GANTZ 」 みました。
  
  
  
  

  
原作は読んでません!!!
  
  
  
面白く、楽しく、ドキドキしながらみれたのですが、
  
どうしても原作がきになります
  
  
30巻ぐらいでてるのですか?
  
知ってる人がみると どうみえるのでしょうか?
  
  
きっと、もっと深いんだろうな~と思いました。
   
み終わったとき、
  
次回の予告が少し入ったのですが、
  
それをみる限りでは
  
今回は序章にしか感じませんでした。
  
意外と次は オリジナル とか?
  
 
 
  
楽しみっす!(^O^)/
  
  
  
  
 
  

  




2011年8月3日水曜日

Norwegian Wood







こんにちは!







月曜、火曜とノルウェーの森に行ってきました!(^O^)







そんなくだらない事を言ってるから


45か所も刺される iida です。





キンカン常備中!!!!










「ノルウェイの森」 みました。










内容は、(引用)



親友・キズキを自殺で失ったワタナべは、

東京で大学生活を送り始める。

ある日、ワタナベは偶然にキズキの恋人だった直子と出会い、

毎週直子と東京の街を散歩するようになる。

しかし、直子の20歳の誕生日、

精神的に不安定になった直子と夜を共にする。

それ以来、ワタナベは直子と連絡がとれなくなってしまう。

さらに喪失感が深まり心を病んだ直子は、京都の療養施設に入所していたのだ。

直子に会いたくても会えない状況の中で、

ワタナベは大学で出会った不思議な魅力を持つ女の子・緑にも惹かれていく。





いい意味で、


60年代の日活ポルノフランス映画を融合した感じ!



重く苦しい内容を淡々としたセリフで

シーンの空気感、映画自体の存在感をつくっていく!




俳優さんたちの力量がないと本当のポルノ映画にしかならなかったと思います。



僕の視感かも知れませんが、

ワタナベ(松山ケンイチ)直子(菊地凛子)の重い関係の中に

緑(水原希子)が水をさすように入ってくる。

でも彼女の存在はとても大きく

彼女なしでは

この映画はまったく別物になってたと思いました。








ところで、

このベストセラー作家・村上春樹

超ベストセラー小説・ノルウェイの森



 僕は読んでいません!



照らし合わせたら

どんな感じなんだろう・・・?


こんな個性的な演技、

小説を超えられたのだろうか?












今回の iida EYE は。。。





 「ポルノ」です。




意味は



 「社会的不品行」です。





この映画に とても反映された言葉だと思います。



「やりたい」



「濡れる」



「勃起する」



この言葉を書きならべただけで


僕の気分は「社会的不品行為者」です!(笑)


自分のお客様も減ったような気がします!(笑)







でも、この映画の



「愛」



の表現方法だったような気がします。。。






ある意味、ダイレクトすぎて難しい。。。(>_<)









みかたによっては、




「松山ケンイチ、モテまくりじゃん!!!」



ですよ!(;一_一)



 
 
 
 
 
 
 
 
  

2011年7月21日木曜日

ゴースト もういちど抱きしめたい

   
   
  
  
  
  
  
今日なぜか左足のかかと?アキレスケン?が痛いです。。。
  
歩けたり、歩けなかったり。
  
  
わけわかりません。(T_T)
  
  
 
 
  
 こんにちは! iida です。









「ゴースト もういちど抱きしめたい」 みました。









原版は20年前ですか~。。。


当時はかなり話題作で

メチャメチャ泣ける映画と言われてました。





最初はこんなんだったかな~と思いながらみてたのですが、

後半に行くにつれてだんだん記憶がよみがえってきました!





みていてツッコミどころがたくさんでした!

ハリウッド版も実はそうだったのかな~。
 







 
 
・・・











いかんいかん!




どうしてもリメイク物は比較してしまう!(>_<)











でも、








なんで松嶋菜々子の相手役は韓国人にする必要があったのだろう。。。(・・?
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 

2011年7月16日土曜日

ASSASSINATION OF A HIGH SCHOOL PRESIDENT





 
 
 
 
 
 
 こんにちは! iida です。










「処刑教室」 みました。










内容は、(引用)



ある高校で、

校長室の金庫から全国共通試験の答案が盗まれる事件が発生。

自称ジャーナリストの生徒ボビー(リース・トンプソン)は、

皆のあこがれの的であるフランチェスカ(ミーシャ・バートン)から

犯人を突き止めるよう依頼される。

一方、元軍人の校長ジャレッド(ブルース・ウィリス)は、

容疑者は不良グループだと考えており……。







結構おもしろくみれました。



「シックス・センス」以来の

ブルース・ウィルスミーシャ・バートンの共演も見所のひとつでした。



ただ、ブルース・ウィルスが主演だと思ってましたが、

あんまり出ていなかったように感じました。

友情出演のほうがシックリくるのでは?





話の内容は、



 推理探偵のように



          コナンのように



                    金田一少年のように

  



どーゆー展開になるのかを考えるのも楽しかったです。








「処刑教室」




いったい何が処刑教室だったのか

iida には不明でした。





邦画タイトルに踊らされてはいけないと思いました。

ちなみにメインタイトルを直訳すると

「ハイスクール大統領の暗殺」みたいです。






それもどうかと思いますが。。。(笑)







「ハイスクール探偵ボビー」


ぐらいでみるとちょうどいいと思います!!!(^O^)
 
 
  
 
  
 
 
 
  

2011年7月6日水曜日

the Social Network



  
  
 
 
 
 
 


  
         あつい。




 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
       あっ!!!!(・。・;
 

 
 
 
 
  
 
 
  
 
 
 




こんにちは! iida です。






「ソーシャル・ネットワーク」みました。







内容は、(引用)

世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」 

創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャーが映画化。

2003年、ハーバード大学に通う19歳のマークは、

親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすための

ネットワーキング・サービスを開発する。

そのサービスは瞬く間に他校でも評判となり、

ファイル共有サイト「ナップスター」

創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、

社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが……。






素晴らしいです!!





「Face Book」が素晴らしい言う意味ではなく、

映画の完成度素晴らしいという意味です。



創設者がFace Book を世に広げるまでの話を

いろいろな角度から描写していると思いました。



女とは?から始まり、

  
仕事とは?


お金とは?


友情とは?


プライドとは?




余すことなく描かれた映画だったのではないでしょうか?





脚本を担当したソーキン

実際にマーク・ザッカーバーグに取材を申し込んだが

断られたそうです。



事実と異なる点がある!

と、同時に

キャストが着てる服装は一緒!

などなどコメントしたらしいです。



あと、本当は3時間越えの上映時間になりそうだったらしいのですが、

台詞を早口にすることによって

2時間にまとめ、

かつ、スピード感のある作品に仕上がったという話。


確かに冒頭での

女性と言い合いになるシーンは

まったくついていけませんでした。。。(>_<)





感動や笑いはないですが


グググッ! と、引き込まれる映画です!!!(^O^)