2009年12月30日水曜日

BOOVIE 年間(下半期) RANKING BEST 5

  
 
 
こんにちは! 本日2度目の登場 iidaです。
  
  
  
  
今年1年ボーイッシュホームページ及びブログを観賞していただいた皆様、
  
本当にありがとうございました!!!m(__)m
  
  
  
一年の締めくくりとして
  
自分なりの「みた映画」ベスト5をつくってみました。
  
  
  
  
第一位は・・・・・
  
  
  
  
  
ジャガジャガジャガジャガ~~~~~~~ジャジャン!!!!
  
 
  
  
 
なんと、なんと、
 
  
  
 
 
第1位   「ROOKIES~卒業~」 です!!!!
  
  
  
  
自分目線で、尚且つ、みるタイミングもあると思いますが
  
  
ツボ、壺、久保、ドツボでした~!!!!(^o^)
  
  
  
  
2位以下は・・・
  
  
第2位   「チェンジリング」
   
  
第3位   「ターミネーター4」
  
  
第4位   「スラムドッグ・ミリオネア」
  
  
第5位   「オーストラリア」
  
  
  
んな感じです(^_^)/
  
  
  
  
皆様の今年のNo1ムービーは何ですか?
  
   
  
  
来年もボーイッシュ同様
  
BOOVIE HOUSE 、BOYISH HOUSE
  
よろしくお願いいたします。
  
  
  
  
そして、
  
今年1年、ボーイッシュにかかわってくれた皆様
  
本当にありがとうございました!!!!m(__)m
  

1年、1年、そして 1日、1日
  
楽しくやってこれたのも
  
皆様のおかげです!!!(*^_^*)
  
  
来年もスタッフ一同
  
お客様との時間を大切に過ごしていきたいと思っております。(^。^)
  
  
そして、この場をかりて
  
いつもお客様にベストを尽くしてくれる
  
スタッフにも感謝したいと思います。m(__)m
  
  
  
僕を取り囲んでくれる
  
お客様、スタッフ、友達、家族、他、
  
皆様に感謝、感謝、感謝です。 m(__)m m(__)m m(__)m
  
  
  
  
本当に、本当に
  
  

  
  
  ありがとうございました!!!!!
  
  
  


  
来年も、よろしくお願いいたします。 (^o^)
  
  
  

  
                           Boyish hair design IIDA
  
  
  

2012

   
  
  
  
こんにちは! iidaです。
  
  
昨日、タダ券持って
  
  
  
「2012」
  
  
  
みて来ました~!!!
  
  
  
世界滅亡系です。
  
半年前からずっと楽しみにしてました!!
  
 
 
内容は・・・今年最後の引用でし。
  
2009年。
   
太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。
  
この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、
   
すぐに米大統領 主席補佐官に報告。
   
やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、
   
人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。
   
そして2012年。
   
売れない作家のジャクソンは、子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、政府の奇妙な動きを目撃。
   
世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう…。
  
   
  
 
みる前に
 
いろんな人のレビューをみたら
  
たくさんの方が最低評価をしていて
  
ちょっとテンション下がり気味になったんですが
  
純粋に楽しもうと心に決め
  
  
  
  
観賞☆
  
  
  
  
  
  
   
  
  
  
  
  
  
すみません。。(>_<)
  
  
今、一回ネタバレ含めた長文を書いたのですが
  
ビックリするぐらい自分の書いた文が酷評
  
みせられる感じではないと思ったので削除してしまいました。^_^;
  
  
  
  
今年一番のワーストです!(^^)v
  
  
  
  
なんか、すみません。
  
  
  
  
でも、CGは凄かったです!!
  
是非、いろんな意味でみてみてくださ~い!☆
  
  
  
  
  
明日は、「ウルルの森の物語」みに行く予定で~す!!!
  
  
  
  

  
  

2009年12月28日月曜日

TRANS FORMERS Revenge of the Fallen

  
  
  
 
こんにちは!
   
画像が小さいと
  
作品も小さくみえて ちょっと悲しいiidaです。
  
  
  
画像の小ささに負けない、超大作!!!
  
  
  
「トランスフォーマー/リベンジ」 みました~!!!
  
  
  
正直、トランスフォーマーファンではないので
  
みるのを少しためらいましたが
  
 
  
しか~し、
 
  
   
最高でした!!!
  
 
   

1作目をみたときに
  
DVDの調子が悪く、残り30分がみれぬまま終わってしまい
  
不完全燃焼のまま

リベンジリベンジ したのですが ^m^プッ
  
さすが、マイケル・ベイですよ!!!
  
2時間半あきさせない!
  
スピルバーグが絡んだCGも凄い!
  
絶対、映画館でみるべき映画でしたね!
  
映像では「ターミネーター4」より迫力あります!
  
   
ストーリーもトランスフォーマーファンでも、そうじゃない人でも楽しめると思います。
  
僕も最初「なんのこっちゃ、ようわからん!」
  
と、思ったんですが、最後にはちゃんとわかったような気がする今日この頃です。(笑)
  
   
今回は、1作目より約4倍近いロボット君たちが出てきて
  
どれが味方なんだか敵なんだかわからない始末で
  
夜のロボットは
  
どっちが前なんだか、どっちが後なんだかもわからない始末で
  
でも、動きや仕草が実に絶妙で
  
とても魅了しました。
  
  
  
今回のiida EYEは・・・^m^
  
人間の主役のシャイア・ラブーフです!
  
僕のいとこそっくりなんです!!!(笑)
  
似てないかもしれないんですが、
  
シャイア・ラブーフをみると思い出すんです(^^ゞ
  
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」で知ったんですが
  
05’「コンスタンティン」、04’「アイ.ロボット」、03’「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル」にも出てたんですね~。
  
素晴らしい役者さんでした!
  
僕のいとこも素晴らしいお父さんです!!(^_^)v
  

  
 
今更、内容です・・・引用です。
  
オートボットとの壮絶な戦いの末に敗北したディセプティコンが、
    
新たな仲間を率い、より凶悪になって復活。
  
ディセプティコンの新たな侵略計画は、
   
現存するオートボットたちの総力をはるかに上回る巨大なトランスフォーマー、
   
“デヴァステーター”やメガトロン以上に凶悪な“フォールン”を擁するものだった……。
   
  
  
舞台がアメリカのみならず、
  
ロンドン、上海、エジプトと
  
かなり世界規模です!
  
その中で、ワシントンの
  
「スミソニアン」が出てきたのには感動しました!!
  
思わず、「俺、ここ知ってるぅ!!」言っちゃいましたもん!(笑)
  
  


  
さっき、お客様に映画のタダ券頂いちゃいました~(^o^)/
  
期限は12月31日まで!!!
  
せっかくなので行けるように
  
がんばります!!!!
  
  
  

2009年12月23日水曜日

NIGHT AT THE MUSEUM 2

  
  
  
   
   
ご無沙汰しておりますm(__)m
   
12月に入って、たくさんのお客様に来ていただいて
  
感謝、感謝、感謝のiidaです。
  
  
そんな中、ボードに行き、体調を悪化させたiidaです。
  
  
でも、年末キレイになりたいお客様に
  
120%のチカラを出しています!iidaです。
  
  
  
  
そんなiidaが、昨日、
  
  
  
  
「ナイトミュージアム2」をみましたぁ!!!
  
  
  
  
内容は、今更の引用ですが・・・
  
  
ニューヨークの自然史博物館を見事に守り抜いた元夜警のラリー(ベン・スティラー)は、
   
念願の起業を果たし、大成功を収めていた。
   
そんななか、自然史博物館では大規模な展示替えが行われ、
   
不要になった展示物はワシントンD.C.にあるスミソニアン博物館の倉庫へ移送されることに。
   
だが展示物がスミソニアンに移った夜、
   
ミニチュアのカウボーイ・ジュデダイア(オーウェン・ウィルソン)からラリーに助けを求める電話がかかってくる。
   
自然史博物館に残るはずだった魔法の石版がスミソニアンに移送されてしまい、
   
膨大な展示物たちが不思議な力で生き返ってしまったのだ…!
  
  
 
 
展示物が動くという基本路線は変わらないですね。
  
でも、美術品の絵画や写真が動き出すのは新鮮でした!(^。^)
  
アルフレッド・アイゼンスタッドの「ウォーズ・エンド・キス」の写真は
  
ポスターを持ってる人が結構いたので少し懐かしかったです。
  
  
  
今回のiidaEYEは・・・(^^ゞ
  
 
「舞台」です。
  
  
ワシントンDCにある有名な博物館群
  

 「スミソニアン」
  
  
日本の人口よりも多い
  
約1億4000万点の文化遺産や標本を所蔵しているらしいですね。
  
有名所では、人類初の月面着陸をなしとげた
  
アポロ11号の司令官だったり、
  
マニア所では、日本の大河ドラマの「篤姫」が実際に婚礼で使用した
  
駕籠(かご)が所蔵されてるらしいです。
  
ちょっと、行ってみたいな~と、思いました!(^_^)
  
  
  
  
キャストは
  
ベン・スティラーはいいですね~!
  
「メリーに首ったけ」は大爆笑でした!
  
好きなコメディアン俳優です!
  
ロビン・ウィリアム、オーウェン・ウィルソンと変わらずのキャスティングもGOODです!
  
新たに「キャチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 「魔法にかけられて」 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」に出演した
  
エイミー・アダムス
  
チャーミングです☆
  
   
  
大人も子供も楽しくみれる映画です!!!
  
  
  
  
  

2009年12月9日水曜日

STATE OF PLAY

  
  
  
  
こんにちは! iidaです。
  
  
  
  
ラッセル・クロウ、ベン・アフレック共演、サスペンスムービー
 
イギリスのBBC人気ドラマをハリウッドがリメイク!
  
   
  
   
「消されたヘッドライン」 みました!
  
  
  
  
内容は当然引用で・・・
  
ワシントン・グローブ紙は国会議員と亡くなったある女性のスキャンダルとは別に、同じ日に起きたもう一つの殺人事件との奇妙な関連性を発見する。
   
敏腕記者カル(ラッセル・クロウ)は、
  
編集長(ヘレン・ミレン)に渦中のコリンズ議員(ベン・アフレック)と接触するよう言われる。
   
やがて彼の調査は思わぬ事件の真相に迫っていき……。
   
   
   
期待してなかったぶん
  
面白かったですね~(^。^)
  
  
今回はかなりのネタバレです。
  
m(__)m
  
  
  
最初、黒人少年が誰かに追われて
  
殺害されるところからはじまります。
  
コリンズ議員の愛人が自殺から他殺の容疑にかわります。
  
その二つの事件が結びついてきます。
  
殺し屋の顔は最初から出てきます。
  
基本、すぐ黒幕がいると想像がつきました。
  
ここでiida巡査部長は、すぐに一人の男に目をつけました!
  
得意のパターンがはじまってしまって
  
それからは、何が起きても
  
「またまた~、しらきっちゃて~!」
  
「そこまでやっちゃう~?」
  
「・・・・。」
  
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?」
  
後半に入って、
  
「やばい!違うぞ、こりゃ!」
  
また、やってしまった!と、思いました。(>_<)
  
  
  
  
  
   
   こ
   ろ
   が
    
   ど
   っ
   こ
   い
   !
   
   
  
  
最後にどんでんがえしですよ~☆
  
  
「でしょ、でしょ、やっぱりね~!」
  
なんて思いながら、
  
ちょっと、「くやしぃ~です!!!」(ToT)
  
  
   
今回のiidaEYEは・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
  
ファッションです!
  
オシャレと言う意味ではないです。
  
新聞記者、国会議員、刑事、
  
それぞれがハマってます!!
  
例えば
  
議員婦人、女性編集長、
  
二人とも品があります。
  
でも、議員婦人は落ち着いた感じがあるし
  
女性編集長はキャリアウーマンの雰囲気がでてます。
  
そーゆー目線でみても楽しめる映画です!
  
  
あと、キャラの立場を意外とやりすぎてないですね!
  
記者が刑事の役どころを超えるとか、
  
そんなに変な意味でツッコミどころがないと思いました。
  
  
エンドロールもオシャレ?でした!
  
  
  
なかなかの映画です!!!(^_^)v
   
   
  
   

2009年12月5日土曜日

ROOKIES ー卒業ー

   
   
   
   
こんにちは! iidaです。
  
  
  
  
「ROOKIES ー卒業ー」 みました!!!
  
  
  
  
漫画→ドラマ→ドラマDVD→映画→映画DVD
  
ずっと気になってました。
  
やっと、映画DVDでみれました。
  
  
メッチャベタですね!
  
メッチャ熱いですね!
  
メッチャ笑えますね!
  
  
  
メッチャ「ツボ」でした!!!
  
  
  
笑いました! 泣きました!
  
  
ベタは苦手なはずなのに・・・
  
純粋に感動しました!(T_T)
  
  
  
  
  
  
こんな自分、けっこう嫌いじゃないです。(笑)
  
  
 
  
  
  
今度、コミックかドラマみてみようと思います!!(^o^)/
  
  
  
  
  

2009年12月3日木曜日

Vicky Cristina Barcelona


   
   
  
こんにちは! iidaです。
  
  
  
  
「それでも恋するバルセロナ」 みました~☆
  
  
  
  
本日も鉄板の引用で!
  
バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、
  
画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)に惹(ひ)かれていく。
   
そんな中、彼の元妻のマリア・エレナ(ペネロペ・クルス)が戻ってきたことから、
    
やがてクリスティーナとマリア・エレナにもある感情が芽生え始め……。
   
  
  
まず、キャストが豪華ですね~。
  
前回から引き続き、スカーレット・ヨハンソン
  
記憶に新しいところで、「ノーカントリー」に出演していたハビエル・バルデム
  
トム・クルーズの元彼女、ペネロペ・クルス
  
ペネロペ・クルスは綺麗ですね~。スタイルいいし、顔ちっちゃっ!!!
  
スカーレット・ヨハンソンも魅力的な女性なんですが
  
ペネロペ・クルスが出てきたら、ちょっとした小娘にしかみえなくなりました。
  
オーラが凄かった!!!
  
  
  
内容は、
 
愛と芸術グッチャグチャ(>_<)
  
難しい~です。
  
石田純一の「不倫は文化」を思い出しました。(笑)
  
そんな中、タイトルにもあるように
  
もう一人の主役はヴィッキー(レベッカ・ホール)!!
  
彼女が等身大の普通の女性を上手に演じてると思いました。
  
  
  
今回のiidaEYEは・・・シャキーン((+_+))
  
  
SEXです。
  
  
なぜだろう?かなりの興奮です。
  
変な意味ではないです!!!(・・;)
   
ある意味いやらしいんですが、
  
ある意味アートです。
  
くれぐれもSEXと言う視点でみないでください。
  
って、言うとiidaが「やっぱりいやらしいんだろう!」って事になりかねないので、
  
  
  
  
・・・・・
  
  
  
  
・・・・・
  
  
  
  
今日のiidaEYEは失敗!!!(笑)
  
  
  
  
  
「ハリーポッターと謎のプリンス」
  
入荷しましたが・・・
   
みないと思います。
  
ハリポタファンの皆様、能登谷様、すみません!m(__)m
  
  
12月はDVDいい作品がいっぱいです!
  
「ROOKIES -卒業-」
  
「トランスフォーマー/リベンジ」
  
「G.I.ジョー」
  
「ナイトミュージアム2」
  
「アマルフィ 女神の報酬」
  
「トランスポーター3 アンリミテッド」
  
年明けたらすぐに、「ノウイング」
  
  
  
楽しみです!!(^^)v
  
  
  
  

  

  
  

2009年11月22日日曜日

THE NANNY DIARIES

 
  
  
  
こんにちは! 2日連続登場のiidaです。
  
  
  
  
今日はガールズムービーかと思いきや、意外とヒューマニズムムービー
  
  
  
 
「私がクマにキレた理由」です。
  
  
  
  
内容は当然引用で
  
  
ステキなエリートを夢見るアニー(スカーレット・ヨハンソン)は
   
ひょんなことからマンハッタンのゴージャスなマダム、ミセスX(ローラ・リニー)に雇われ、
   
彼女の幼い息子の面倒を見るベビーシッターとして働くことに。
   
しかし、自由なニューヨークの生活を夢見ていたアニーは、
   
自分勝手なセレブ一家に24時間振り回されるハメになる。
  
  
  
大学を卒業し、親の期待に答えるように一流企業を面接。
  
そこで「あなたはどんな人物か?」の質問に、
  
「とても簡単な質問ですね・・・」とは言ったものの
  
答えられず、その場を出て行ってしまう。
  
そこから自分探しが始まり、セレブのベビーシッターに身をおくのですが、
  
  
意外にも着目点はスカーレット・ヨハンソンではなく、
  
   
セレブの夫婦間であり、子供の気持ちであり、それを、彼女が第3者としてみてる感じでした。
  
  
幸せはお金では買えないし、子供の本当にあるべき居場所を教えてくれる、
  
そんな映画だったように思えました。
  
  
正直、すごい面白いとは思わなかったのですが^_^;
  
結構スムーズにみることができる映画です。
  
  
  
  
今回のiidaEYEは・・・(恥恥)
  
 
タイトル、「私がクマにキレた理由」です。
  
  
ストーリーにクマは一切かかわってこないので存在はありません。
  
最後のほうに出てきます。
  
なるほどね!って感じです。
  
オチですね。(^。^)
  
   
日本で上映するとき、よくタイトルが変わりますが 
  
誰が考えてるんでしょうかね?
   
責任重大ですよね!(^^ゞ
   
  
  
  
話は変わりますが
  
今日、大通りで日ハムのパレードやってましたよね!!
  
朝からすごい人で、
  
いつも入れる駐車場に車を入れれなくてアタフタしてました!
  
でも、こうゆうのって
  
活気があっていいですよね!!!
  
  
これから年末が近づいてきます!
  
  
皆様も年の瀬はボーイッシュに是非足を運んでみてくださいね!(^_-)-☆
  
  
  
スタッフ一同心からお待ちしておりま~す!
  
  
  
  
  

  

  

2009年11月21日土曜日

MW

  
  
  
  
こんにちは! iidaです。
  
  
  
  
「MW ームウー」みました。
  
  
  
  
内容は、すっかり定番になりました引用で!
  
  
16年前、
  
ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。

その一人でエリート銀行員となった結城美智雄(玉木宏)の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、
   
神父となった賀来裕太郎(山田孝之)は結城を救済しようと苦悩する。
  
そんな中、16年前の事件の鍵を握る「MW」を手にした結城は世界滅亡をもくろむ。
  
  
  
  
生誕80周年を迎えた手塚治虫の同名コミックを、
  
玉木宏、山田孝之主演で映画化。
  
  
  
1970年の作品ですが
  
その後に起きた、サリン事件、911テロ、
  
現代の人々にも記憶に新しいことから
  
ストーリー性にもまったく古さを感じなかったです。
  
  
映画の中ではなかったのですが、
  
コミックでは結城と賀来は同性愛者らしいですね。
  
このへんも現代社会に反映してるな~と思いました。
  
  
  
ちなみにiidaは同性愛者ではございません。(笑)
  
  
  
  
今回のiidaEYE(視点)は・・・(恥)
  
  
玉木宏様の「ドS度!」です!(^o^)丿
  
かなりきてます!!!
  
あの冷酷無比の役にマッチした
  
細身眼鏡から繰り広げられるドSワールド!
  
マニアのMさんにはたまらないと思います。(笑)
  
  
山田孝之は役柄だから仕方ないと思いますが
  
ドMです。
  
自分が一生懸命、純粋に100伝えたのに
  
玉木宏の1で言いなりです!(笑)
  
インタビューで山田孝之が
  
「玉木さんいいな~、俺必死なのに、いいな~。」って、言ってました。(^。^)
  
   
  
くれぐれも、こうゆう視点で
   
この映画をご覧にならないようお願いしますm(__)m
  
  
  
スリルのあるGoodMovieです!
   
  
  
  
ちなみにiidaはMではないと思います・・・。(笑)
  
  
  
   
   
   

2009年11月18日水曜日

slumdog millionaire

   
  
  
  
  
こんにちは! iidaです。
  
  
  
  
アカデミー賞 「作品賞」含む 最多8部門受賞
  
  
  
「スラムドッグ$ミリオネア」みました!!!
  
  
  
  
素晴らしい作品です。
  
  
  
内容は
 
インドのスラム街で育った孤児のジャマール(デヴ・パテル)は、
  
世界的な人気番組「クイズ$ミリオネア」で、あと一問で全問正解という状況にいた。
  
だが、無学の少年が答えられるはずないと、司会者には疑われ、
  
賞金の支払いを渋るTV番組会社の差し金で警察に連行され、尋問を受けることになる。
   
一体なぜ、ジャマールは100ドル札に印刷された大統領の名前や、ピストルの発明者を知り得か…?
  
警察の尋問、クイズが続く番組、そして彼の子供時代の記憶を行き来しながら、貧富の差が混在するインドを生き抜いた少年の人生を描く。
  
  
  
3つの話が同時進行してるんですが、
  
 警察に連行されて尋問を受けるシーン
  
 クイズに次々と答えてゆくシーン
  
 彼のスラム街で育った子供時代のシーン
  
 
普通、このシーンはドキドキするとか、
  
このシーンは安心するとか、あると思うんですが
  
全てのシーンにそれらのいろいろな要素が詰まっており
  
目の離せない作品に仕上がってると思いました。
  
  
  
最初、スラム街に住む少年が
  
クイズミリオネアに出演して
  
まれにない才能を発揮し
  
次々と答えてスラム街の英雄になる映画だと思ってました。
  
  
  
とんでもないっつぅ話です!
  
   
  
何故、スラム街の孤児として育ってクイズに答えられるのか、
  
それは彼の過酷な人生を語る為の題材でしかないのです!
  
  
しかし、その題材があって、いい緊張感をもかもし出します。
  
出題者もいい味出てます!
  
みのもんたも真っ青です!(笑)
  
  
  
尋問のシーンは
  
話の流れを、みてる側の気持ちを、上手く誘導させてます。
  
ここが、この映画の素晴らしいと思わせるひとつの要因です。
  
  
  
そして、ジャマールの人生をクイズとともに振り返っていくのですが・・・
  
兄のサリーム(マドゥル・ミッタル)、気持ちをよせる女性ラティカ(フリーダ・ピント)
  
この3人の絡み!重要です!
  
特に兄のサリーム役は自分的に
  
主役をも食ってた印象です。(演技ではなく役どころがです)
  
  
  
とにかく、全体のバランスがとれた
  
 
最高の映画だと思いました!!!
  
 
  
  
  
  
最後に、ちょっといい話。。。
  
  
  
  
クイズの出題者を演じている
   
みのもんた役の俳優アニル・カプールが

自身が親善大使として支援する国際NGOプランの
   
「出生登録プロジェクト」に出演料の全額を寄付していたんですよ~。
  
  
全額ですよ!! ゼ・ン・ガ・ク!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
  
  
  
  
そうゆう事もひっくるめて
  
  
最高の映画です!!!
  
  
  
  
  
  


  

   

2009年11月9日月曜日

余命1ヶ月の花嫁


  
  
  
  
こんにちは! iidaです。
  
  
   
  
「余命1ヶ月の花嫁」みました。
  
 
 
 
この作品はたくさんの方が存じ上げているかと思います。
  
ドキュメンタリーは超感動的でしたよね(/_;)
  
皆様は誰か大切な人の余命が
 
あと1ヶ月です。って、言われた事がありますか?
  
  
iidaは去年の春に言われたことがあります。
  
人の寿命を数字で言われるのってきついです。
  
でも、ほとんどの人がいつかは通る道なんでしょうね・・・。
  
  
  
  
  24歳にして末期の乳癌。
  
  明日生きてることが幸せ。
  
  念願のウエディングドレス。
  
  
  
  
いろいろ考えさせられる映画です。
  
 
  
  
ただ、2時間の中に出会いから別れまで
  
淡々と話が進行したのが
  
少し物足りなさを感じました。
  
  
仕方ないんでしょうけどね・・・。^_^;
 
   
  
瑛太と栄倉奈々は頑張りました!
  
よく泣いてました。
  
最後の瑛太の泣くシーンは素晴らしかったと思います。
  
  
  
これだけ反響を呼んだ実話だけに
  
この映画にかかわった人たちは大変だったと思います。
  
  
  
  
と、言うことで
  
 
  
   
  
「合格!」 (なんのこっちゃ!笑)
  
  
  
  
  
  
たくさんのお客様から
  
マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」すすめられています!
  
時間があったら行きたいと思います!!!(^O^)/
 
  
 
 
  

2009年10月31日土曜日

Angels & demons


    
  
  
  
こんにちは! iidaです。
  
  
  
トム・ハンクス主演の超大作
  
  
 
  
天使悪魔みました。
  
  
  
  
  
内容は、すっかりおなじみになりました引用で!
  
  
“ガリレオ・コード(暗号)”を解け!
    
17世紀、カトリック教会の総本山であるヴァチカンは、
   
科学者たちを弾圧していた。
   
ガリレオ・ガリレイを中心とする科学者たちは、
   
秘密結社イルミナティとして密かに活動していた。
   
今、ローマ教皇逝去に際して、そのイルミナティが400年の沈黙を破り復活した。
   
目的はヴァチカンへの復讐。
   
彼らは4人の教皇候補を誘拐し、
   
科学の四大元素“土”“空気”“火”“水”を完全なアンビグラム(=対称形)にデザインした焼き印を胸に押しつけた後、惨殺すると予告。
  
この恐ろしい計画を阻止するため、ヴァチカンはラングドン教授に助けを求めた。
   
彼はガリレオがローマの名所に隠したイルミナティにつながる暗号を解き進む。
  
しかし、既にヴァチカン崩壊へのカウントダウンは始まっていた・・・。
   
ヴァチカンに迫る危機-秘密結社イルミナティの復讐が始まる!
  
  
  
   
なんのこっちゃ、よくわかりませんが
  
とても面白かったです!!!(^o^)丿
  
  
  
  
「ダ・ビンチ・コード」の続編として
  
3年ぶりの作品。
  
  
  
  
  
謎解き系です!
  
  
  
  
  
少し前作を思い出しました!
 
    
謎解き系は、
  
基本、謎を解きながら犯人を捜していくのが定番です。
  
iidaは、映画の中で俳優たちの些細なセリフ、微妙な間、行動を読み取り
  
「こいつだ!」と、ターゲットを絞り、
  
そこから確信へと進んでいくのです。
  
   
「ダ・ビンチ・コード」も途中まで全然わかりませんでしたが
  
後半に入ったあたりで謎が解けました!
  
「これは凄いぞ!実は犯人はトム・ハンクスだ!!!」
  
  
  
案の定、外れました。(笑)
  
  
  
  
頭が悪いのか、考えすぎなのか、わかりませんが
  
主役を犯人に見立てる根本的な性格に問題があるのでしょうか。(笑)
  
  
   
  
「天使と悪魔」は前作よりエンターテイメント色が強かったように思います。
  
スリル満点の映像&ストーリー
  
完成度は前作より高かったと思います!
  
  
  
  
  
余談かもしれませんが、
  
  
第3弾 「THE LOST SYMBOL」
  
  
ご存知でしたか?
  
 
多分、まだ出版されたばかりだと思いますが
  
  
後々、映画化されると勝手に思っております!
  
  
楽しみです!!!
  
  
  
  
今日はこのへんで!!(^.^)/~~~
  
  
  
 
  

2009年10月28日水曜日

Marly & Me

  
  
  
   
こんにちは!
  
ペットは飼っていないけど
  
動物愛好家のiidaです。(自称)
  
  
  
  
「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」みました。
  
  
  
  
iidaは動物モノの映画は苦手です。
  
必ずと言っていいほど
  
最後はお涙頂戴になるからです。
  
  
昔、幼少時代
  
を飼っていました。
  
それは残念なことに
 
あまり記憶にないんですが(笑)
  
  
小、中、高の時に一匹のを飼ってました。
  
基本、いじめてたんですが(笑)
  
亡くなったときは
  
かなりいい感じで泣きじゃくりました(T_T)
  
  
 
悲しいですよね。
  
  
  
楽しいときも、ツライときも、心で通じ合ってると思っていても
  
言葉で分かち合えない・・・
  
死ぬとき、本当は何て言いたかったんだろう・・・
  
その頃を思い出しちゃいそうで
  
回避してました。
  
  
  
でも、今回
  
なんの根拠もなくみてしまいました~!!!(笑)
  
  
  
ジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェニー(ジェニファー・アニストン)の結婚シーンから始まり
  
子供をもつ自信ををつける為に
  
バーゲンの子犬を買います!
   
その犬、マーリーが結構おバカで、
  
人(犬)のこと笑えませんが、かなり笑えます!!(笑)
  
おバカで自分勝手なマーリーですが
  
ここぞというときは、壊れそうな家族を深くあたたかい愛情へと導いてくれます。
  
  
  
  
最後は
 
 
 
 
・・・・・。
  
  
  
  
やっぱり泣けます。
  
  
  
  
 
ネタバレですが、ジョンとジェニーに3人の子供ができます。
  
最後のほうのシーンで
  
長男が夜中に一人で昔のビデオをみます。
  
マーリーがおバカだった頃のビデオを。
  
みて一人泣いてるシーンは
  
自分的にかなりやばかったです。(/_;)
  
  
  
  
作品全体を通して
  
最初はすごい飛ばして
  
後半、ゆっくり時が流れてる感じでした。
  
喜怒哀楽のバランスがよく
  
マーリーの人生、家族の成長が
  
2時間の中にギュッと凝縮されてると思いました。
  
  
  
   
素敵な映画です。
  
  
  
  
マーリー(ラブラドール・レトリバー)の演技  
  
 
超上手いです!!!!(笑)
   

  
  

  

  
  

  

  

2009年10月26日月曜日

WATCHMEN

  
  
  
  
こんにちは! 新作でも
   
1週間レンタルOKの作品に
   
何故かみるテンションが下がるiidaです。
  
  
  
  
グラフィックノーベル(いわゆる大人のアメコミ?)を映画化
  
名作中の名作?
  
  
  
  
「ウォッチメン」みました。
 
  
  
  
内容は当然引用ですが・・・
  
  
ジョン・F・ケネディ暗殺事件、
   
ベトナム戦争、キューバ危機など、
  
世界で起きた数々の事件を見守ってきたヒーローたち“ウォッチメン”。
   
しかし、かつてウォッチメンだった男の一人が暗殺される事態が発生。
   
殺害現場には、血のついたスマイル・バッジが残されていた。
    
しかも、ウォッチメンたちの殺害はその後も続き……。
  
  
  
  
謎解きミステリー?
  
自分的に難しくて、
  
チョッとわけわかりませんでした~(;O;)
  
きっと、面白いんだと思います。
  
でも3時間近い長さに完敗です。orz
  
  
  
映像はスゴイです!!! 
  
原作者のアラン・ムーア
  
「この作品はコミックでしか表現できない!」と豪語。
  
何人かの名監督が映画化に挑戦したようですが
  
映画の長さに収めきれない などの理由で断念。
  
  
今回、「300」などを手がけた監督
  
ザック・スナイダー
  
グラフィックノベルをCGで再現!
  
これには驚愕させられました!
  
  
  
もう1回みる価値のある映画だと思いました!
  
  
  
  
多分みないと思いますが・・・。(笑)
  
   
  
  
実はこのウオッチメン、
  
1980年代に実在してたと言う話も・・・。
  
  
  
フィクションでありながら
  
リアルミステリー・・・
 
   
  
(・。・;
  
  
  
  
・・・。
  
  
  
  
では、また。^_^;
  
  
  
  

2009年10月25日日曜日

OPV(18禁)

  
  
  
  
今日は、テンション上げていきましょう~(笑)
  
  
  
こんにちは! iidaです。
  
  
 
ご紹介する映画!
  
男性諸君!!
  
さぁ、皆様、声高々に
  
さん、はい!!!
  
  
  
  
「おっ〇いバレーーーーーーー」
  
 
   
  
ありがとうございます。m(__)m
  
  
 
   
  
今日は出来たら女性の方は
  
観覧しないほうが・・・。(笑)
  
  
  
 
一個人としては
  
大爆笑です!
  
   
ちょっと、自分の純粋な頃を思い出しました。
  
これが純粋なのかって話ですけど・・・。(笑)
  
  
  
  
内容は単純です。
  
中学校の弱小男子バレーチームの顧問になった
  
美香子(綾瀬はるか)が、大会に1勝したらオッパイをみせる約束をしてしまうと言うお話。
  
  
でも、この話
  
1979年に北九州で本当にあった話って言うから驚きですよね!
  
  
最初のほうはシモネタ満載でかなり笑えます!
  
書いてしまうと、かなり卑猥な文章が続くのでやめておきますが・・・。(T_T)
  
  
でも、時折みせる
  
めがね君の鼻血が結構自分的にハマりでした!
  
  
  
中盤から後半にかけては
  
すっかり「おっぱい」の事は忘れるぐらい
  
いい内容になっています。(笑)
  
   
男性諸君なら、
  
特に僕と同世代のかたには
  
オススメです!!!
  
  
実際、アダルト要素は
  
一切無いので
  
女性の方も楽しくみれると思います。(^。^)
  
   
  
監督は
  
「海猿」「銀色のシーズン」などを手がけた
  
羽住英一郎
  
今まで、友情や夢を描いてきた監督さんなのですが
  
今回も友情、夢を取り入れていますが
  
初の女性主人公だったそうです。
  
  
結構、感動作品になってると思います。
  
  
   
ちなみに、
  
18禁ではありません・・・。(笑)
  
  
  
  

2009年10月24日土曜日

お買い物中毒な私!

   
  
  
  
こんにちは! iidaです。
  
  
  
☆ガールズムービー☆
   
   
  
「お買い物中毒な私!」 みました~!
  
  
  
内容は、得意の引用で!
   
アイラ・フィッシャー演じる主人公レベッカ・ブルームウッドは地味な園芸雑誌の編集者。
   
そんな彼女が夢見ているのは一流ファッション誌の編集部で働くこと。
  
しかし夢には程遠いのが現実。
   
そして彼女にはもうひとつやめられない楽しみがあった。
   
それがお買い物だ。
   
ベストセラー小説、「レベッカのお買い物日記」の映画化。
  
  
  
女の子が元気になれる
  
楽しい映画ってな感じだと思います。
  
   
キャスティングは誰も知らなかったのですが・・・
  
レベッカの上司役で、恋の相手役
  
ルーク・ブランドン演じるヒュー・ダンシーはイケメンでした!
  
主役のアイラ・フィッシャーもキュートでハマってました。
  
   
ストーリーも
  
ファッション、恋、仕事、友情、家族
  
1時間半で盛りだくさん!!!
  
  
出てくる洋服たちも
  
「プラダを着た悪魔」「セックス・アンド・シティ」を手がけた
  
カリスマスタイリスト、パトリシア・フィールド
  
  
  
女の子にはオススメです!!!(^o^)丿
   
  
  
  

2009年10月18日日曜日

NEW TV

  
  
   
こんにちは! iidaです。
  
  
  
  
来ました!!!
  
  
  
  
☆テ・レ・ビ☆
  
  
  
  
昨晩、奥さんから
  
  
「テレビ届いたよ。」
  
  
の、一報を聞き
  
  
「え~、今日は我が家にテレビが届いたので、お先に失礼します。」
  
  
と、スタッフに告げ
   
   
帰宅。 (いいのか?こんなオーナーで?)(笑)
  
  
 
   
我が家で初めての46型は
  
  
  
「でかい!」
 
    
  
調子に乗って、
  
すぐシネマっちゃいました! 
 
   
「おぉ~字幕以外は視界に入らない~!!」
  
  
って、言うか
  
  
「近すぎだろ!」
  
  
と、自分にツッコミ!
  
   
ビューポジションを確保!
  
   
いい感じ!いい感じ! (^。^)
  
  
・・・・・。
 
     
30分で爆睡! (-_-)zzz
 
    
眠くなるのにテレビのサイズは関係ないみたいでした。(笑)
  
  
  
  
がんばってUPしま~す!(^o^)/
  
  
  
  
  
  
  

2009年10月15日木曜日

GRAN TORINO


  
   

「俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。」
  
   
  
「俺は迷っていた、なおったテレビの行き場を。嫁は知らなかった、テレビの購入を。」
   
   
  
こんにちは! iidaです。
  
  
  
     
   
クリント・イースト・ウッド、監督・主演
   
   
「グラン・トリノ」です。
   
   
   
   
内容は、あいかわらずの引用ですが
    
妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、
   
自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。
   
そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、
    
アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)と知り合う。
     
やがて二人の間に芽生えた友情は、それぞれの人生を大きく変えていく。
    
   
    
最初は人種差別の映画かな?
    
と思ったのですが、
   
そうでもなく
   
簡単に言ってしまえば
   
男の友情の映画なのかな?
   
みたいな。。。
  
    
   
しか~し
   
  
みた者から言わせていただくと、簡単に一言ではまとめたくない映画です!
   
   
やっぱり深いです。
    
   
タイトルにアメ車の名前ですよ!
    
しかも名車って言う名車でもなく。
   
お金持ちじゃないと手が届かないってほどの車ではないと思います。(72年モノなので今となれば名車ですけど・・・)
    
それを今も大事にピカピカに自分の宝物にして乗る。
    
   
男のロマンですよ!!!(^○^)
    
   
男と男の会話はこうじゃなくっちゃ!みたいなシーンもあります。
    
神父さんとの絡みでさえも男同士っぽさが出てます。
    
   
   
いわゆる、 
  
まったく流行らない肉食男子の映画です。(笑)
   
    
  
結局、この映画の素晴らしさを伝えることは出来ませんが
   
チェンジリングに引けをとらない映画だと思っています。
   
あいかわらず重いですけどね。(~_~;)
    
     
   
      
深く贅沢な味わいをお好みなら
     
   
是非オススメします!
    
   
   
   
   
ジョージア・カフェ・エスプレッソを!!(笑)
   
  
  
  

2009年10月14日水曜日

BURN AFTER READING


  
   
こんにちは! 
  
  
「リモコンみつかった!」
  
「テレビこわれた!」
  
そして、
  
「テレビ買った!!!」
  
  
  
それなのに・・・
  
  
  
  
「こわれたテレビがなおった。。。」
  
  
  
はやとっちぃ~り~のiidaです。(;一_一)
  
  
  
  
  
  
昨日、「グラン・トリノ」みました!!
  
また、クリント・イースト・ウッド作品です。
  
今回もやってくれました!!!
  
明日UPします!
  
  
  
今日は、
  
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジョン・マルコビッチ
  
そうそうたるメンバーが顔をそろえた
    
自分的に最高級B級映画
  
  
  
  
「バーン アフター リーディング」です。
  
  
   
  
内容は、今回も引用ですが・・・
  
  
CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、
  
勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。
  
チャドはそれを利用して一攫千金を狙う大胆な計画を思いつく。
  
そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコビッチ)は、機密情報の紛失にうろたえていた。
  
一方、オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、財務省連邦保安官ハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中で…。
  
  
  
映画としてはクライム・コメディらしいのですが
  
内容がそこそこ重いのに
  
そこから笑いにもっていくので若干ついていけませんでした。(笑)
  
しかし、ブラピのおバカぶりには脱帽です!
  
かなりやっちゃってるな~と思いました。
  
今後に影響しないんだろうか。。。
  
  
そーゆーとこも含めて
  
この映画をつくったコーエン兄弟スゴイ!!!
  
  
アカデミーを受賞した、’07「ノーカントリー」
  
映画評論家からもかなり絶賛されてました。
  
が、iidaはこのクラスになるとついていけなくなります。(>_<)
  
もっと勉強しなくっちゃ!ですね☆
  
  
ひとつネタバレですが
  
おバカのブラピが
  
  
「バキューン!」
  
  
「えっ?」
  
  
って、感じで銃殺されます。
  
  
  
犯罪・不倫・おバカ映画です!
  
コーエン兄弟の世界へ
  
皆様も是非!!!
  
  
  
  
  
  

2009年10月11日日曜日

TV

  
  
  
  
こんにちは!
  
「リモコンみつかった!」
  
なのに、
   
「テレビこわれた!」
  
  
ブロガー失格のiidaです。
  
  
  
   
  
と、言うことで・・・
  
  
テレビ買っちゃいました~!!!!
  
  
今週末ぐらいには届く予定です。
  
 
楽しみです!!!
  
  
  
先日、
  
「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」
  
「グラン・トリノ」
  
入荷しました~。
  
  
   
また更新させていただきます。
  
よろしくお願いいたします。m(__)m
  
  
  
  

2009年9月30日水曜日

AUSTRALIA


   
  
   
こんにちは!  iidaです。
  
  
  
ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン
  
雄大なオーストラリアを舞台に描くアドベンチャー・ロマンスムービー
  
   
   
「オーストラリア」をみました~!!
  
  
  
第二次世界大戦前夜のオーストラリア。
  
イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。
   
彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)。
   
夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。
   
彼女に残されたのは、広大な牧場と1500頭の牛だった。
   
牧場を立て直すため牛を売ることを決心したサラは、ドローヴァーの力を借り、牛を引き連れ出発する…。  
   
  
↑↑↑思いっきり引用しました。m(__)m
  
  
   
2時間45分。
  
  
最初、2時間ちょっとだと思ってみてたので
  
ちょっと後半、
  
まだ?まだ?まだ終わらないの~?
  
って、感じになりましたが、
  
総合的にはかなり面白かったです!!!
  
  
上に書いたあらすじはほんの1部です。
  
自分もそーゆー内容だと思ってみてました。
  
  
  
 
しか~し!!!
  
  
  
  
濃いぃ~です。(僕の顔ではございません)
  
  
  
  
前半はオーストラリアの壮大さと歴史。
  
ニコール・キッドマンの上品な貴婦人からたくましい牛追い人に違和感なく変化してゆく演技力。
(気がつけば、肌の色から顔つき(メイク?)まで全然別人)
  
昔の「コールド・マウンテン」レニー・ゼルウィガーの演技を思い出しました。
ニコール・キッドマンも出てましたけど。。。
  
  
この地点で十分満足だったんですけど
  
もうひとやまありました!!!
  
後半は一気に方向が変わります!
  
  
  
ネタバレですが、ウォーです。ウォー! (頭おかしくなったんじゃないですよ~)
  
  
戦争です。
  
  
と、言っても戦争映画になるわけではありません。
  
  
戦争がおきて
  
ここでこそ、本当の人間の強さや優しさが問われるのです。
  
   
結局、ヒュー・ジャックマンもニコール・キッドマンも
   
二人ともマンがついてるんです!!!
  
そ~なんです!関係ないんです!(笑)
  
   
すごくいい感じの2人でした(^^♪
  
  
  
  
「風と共に去りぬ」のリメイクと言う話も聞きますが。。。(>_<)
  
  
  
  
   
監督が「ムーラン・ルージュ」「ロミオ+ジュリエット」などを手がけたバズ・ラーマン
   
オージーです。
   
こちらもマンです。
   
オージーはマンが多いのでしょうか?
   
  
キャストはオージーで固めてます。
  
本当はヒュー・ジャックマンではなく、ラッセル・クロウの予定だったらしいです。
  
ちなみに2人ともオージーです。
  
他にオーストラリアを代表する俳優さんは・・・
  
アーノルド・シュワルツネッガー、メル・ギブソン、ケイト・ブランシェット、ナオミ・ワッツ、ニコール・キッドマンなどなど。
  
この間「ダーク・ナイト」出演後、他界されたヒース・レジャーもオージーでした。
  
  
   
  
  
我がJAPANAUSTRALIAに負けられません!!!
  
2010年ワールドカップに向けて!!!←また関係ない!
  
ちなみに映画の中で「日本」出てきます。
  
イヤ~な感じですけど。。。(;一_一)
  
  
   
  
最後に興行収入
  
オーストラリアで国内最大643館で公開されて
  
約40万$で初登場1位を記録。
   
現在約3700万$の興行となり
  
オーストラリアでの2番目に高い興行収入だそうです。
  
  
  
  
いい作品です(^_-)-☆
  
  
  
  
  
  
  
  

2009年9月23日水曜日

MAX PAYNE

  
   
   
  
こんにちは!  iidaです。
  
  
  
昨日、「救命病棟24時」をみて
  
感動に浸りながら(ToT)  
  
  
  
「マックス・ペイン」をみました!!!
  
  
  
  
「なまら痛い!」ですか~?
  
と、思ったら
  
主人公の名前でした~(笑)
  
でも実際「Max Pain」に引っ掛けてるって言う噂も。。。
  
   
  
その主人公のマックス(マーク・ウォールバーグ)はN.Y市警の刑事。
  
何者かに妻子を殺害されて
  
犯人は逃亡。
  
汚職まみれの同僚も信用できなくなり
  
それを機に未解決事件班に籍をおき
  
単独で妻子を殺害した犯人を追う。
  
手がかりを求めてナイトクラブへ行ったときに
  
ドラッグに溺れた女
ナターシャ(オルガ・キュリレンコ)と出会うんですが
  
何かみたことあるな~と思ったら
  
  
「007 慰めの報酬」ボンドガールではないですか~\(◎o◎)/!
  
  
やっぱり綺麗!って思ったりなんかしてたら
  
  
15分で惨殺。。。
  
   
贅沢な使い方。って思うのは自分だけ?
  
   
その後、かつての相棒から妻子の殺害とナターシャの殺害が羽のTATTOでつながりがあることを聞く。
   
ナターシャの姉でロシア人ギャングのモナ(ミラ・クニス)
    
妹を殺したのはマックスと思い拷問するが誤解とわかり一緒に犯人(組織)を探して戦うことに。
  
しかし、犯人の正体はマックスの想像をはるかに超える敵だったみたいな。
  
  
  
  
   
方向性は以前に紹介した「フェイク・シティ」に近い感じです。
  
   
もともとPCシューティングゲームを映画化した作品なのでアクションの色は強いと思います。
  
   
  
シリーズ化される雰囲気プンプンしてました!(^^)!
  
と、なるとボーン系(マット・デイモン主演のシリーズアクション映画)かな?
  
   
    
  
  
次に期待しましょう!!!!
  
  
   
  
  
  
面白くなかったって言う意味ではありません。(;一_一)汗汗
  
  
  
 

  

2009年9月13日日曜日

レッドクリフ PartⅡ -未来への最終決戦-

  
  
   
   
こんにちは! iidaです。
  
  
昨日、
  
   
「レッドクリフ PartⅡ -未来への最終決戦-」みました~!!
  
  
  
率直にかっこいい~~っす!!!
  
  
誰がって言うか、皆の衆です。
  
  
天下統一もくろむ、いろんな意味で凄い曹操(チャン・フォンイー)
   
優しくてリーダーシップのある周ゆ(トニー・レオン)
  
類いまれな才能をもつ孔明(金城武)
 
君主となっても民のために戦地へ向かう孫権(チャン・チェン)
  
  
書き出すとキリがないので止めておきます。
   
  
PartⅠよりも、断然PartⅡですね!!
  
まぁ、partⅠがあったからPartⅡが面白かったのだと思いますが・・・^_^;
  
  
「三国志」にはまる方々の気持ちがわかりますね~☆
  
  
 
内容云々書きたいのですが
  
なんせ引用する言葉が難しくて
  
ちょっと自信がないので止めておきます。
  
本当にすみませんm(__)m
  
  
PartⅢは絶対に劇場に足を運びたいと思います!!
  
  
・・・・・。
  
  
 
  
最後の最後まで
  
グダグダだった事
  
お詫び申し上げます。m(__)m
  
  
先日、
  
「バーンアフターリーディング」
  
「マックスペイン」
  
入荷しました。
  
  
楽しみです!!!(^^)v
  
  


  

2009年9月11日金曜日

YES MAN


   
   
   
やっと、
  
  
   
  
 
  
 
  
  
  
やっと、リモコンが見つかりました!!!
  
  
こんにちは! iidaです。
  
  
  
 
と、言うわけで
  
  
ジム・キャリー主演
  
  
「イエスマン」みました~!!
  
  
  
 
ジム・キャリーの映画は好きです! 
  
どんなシリアスな映画でも
  
必ず笑いがありますし
  
なんて言っても
   
顔芸は最高!!
  
今回もかなり笑わせていただきました☆
  
  
  
内容は
  
   
何でもすぐに断るNoNoNo男カール(ジム・キャリー)が
  
あることをキッカケにカリスマ講師の自己啓発セミナーにでます。
  
”意味のある人生を送るため、唯一のルール”
  
何にでも「イエス」と言う。
  
それから、人生が変わっていきます。
  
ラブ・コメディ・ヒューマン・ポジテブシンキングムービーです!
  
  
  
  
実際にそんなことを実践した人がいるそうです\(◎o◎)/!
  
イギリス人のユーモア作家のダニー・ウォレス
  
7ヶ月間、あらゆる事に「イエス!」と言い続けたらしいです。
  
悲劇、喜劇、そんな日々をもとにして作られたのが本作だそうです。
  
  
 
途中までは「考えさせられそうな映画だな~」って、思ったのですが
  
終わってみると、意外とおバカ系
  
自分的にはよかったです!!(^^♪
   
  
 
また、ジム・キャリーの映画があったら
  
チェックしたいと思いま~す!!
   
   
   
   
  
  
  
  

2009年9月5日土曜日

VALKYRIE


  

  

こんにちは!  iidaです!

  

  

ブライアン・シンガー監督、トム・クルーズ主演

   

  

「ワルキューレ」みました。

  

  

 

さぁ、問題です!

 

リモコンなくしたiidaが

なぜ、洋画をみれたのでしょうか?

  
 

5択です。

 
  

 ①リモコンが見つかった。

 ②新しいDVDプレイヤーを買った。

 ③仕事もしないで、お店のパソコンでみていた。
     
 ④仕事はきちんとやって、お店のパソコンでみていた。

 ⑤みてもいないのに、適当に書こうとしている。

  
 

 

答え 

です。

  
 

はい、「オチ」ありません。

ありがとうございました。^^

  

  

 

今回のこの映画

なかなかです!(中の中って意味ではありません^_^;よかったっていう意味です)

  

歴史やサスペンスが好きな方なら
  
かなりオススメです!
  

僕は歴史が弱いのですが 

正直、細かいところは今でもわかってないです。。。

でも、楽しめました!

  

1944年7月20日のヒトラー暗殺計画

「ワルキューレ作戦」を映画化。
  

 

そ~なんです!

  

実話なのです!

  
  
  

ヒトラーの独裁政権に絶望したナチスの軍人シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)が

祖国のために、首謀者となり暗殺計画を決行する。
    



歴史とか戦争とか苦手なiidaなんですが
    
この映画は、ノンフィクションでありながら 


ストーリーの構成が上手だと思うのですが
     
常にドキドキハラハラです!!
    
  


ネタバレですが

ヒトラーにサインを書かせるとことか

たいしたシーンではないのですが

凄いドキドキしました!!!



キャスティングもベテラン勢が

グッと映画を締めてると思いましたし
    
自分的にはトム・クルーズの演技!

み終わって思ったのですが
      
120分、ほとんど出てたように思いました。
  
それが映画として
  
いいのか、悪いのかわかりませんが

トム様をず~とみていたい方にはオススメです!

        
って言うか、オスとメスです!!
     
 


はいはい~(自分ツッコミ)、オススメ」です!!!\(~o~)/


  


是非!!!
   
  
 

2009年9月3日木曜日

誰も守ってくれない


  
  
   
こんにちは!  只今、邦画だけ男 iidaです。
  
  
  
今回ご紹介する映画は
  
モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション最優秀脚本賞を受賞した
  
  
  
  
  
「誰も守ってくれない」です。
  
  
  
  
  
「踊る大捜査線」の脚本家である君塚良一が監督。
  
ドキュメンタリー的な臨場感を出す為に全編ハンディカメラのみ、オールロケでの撮影。
  
  
 
映画の存在は知っていたのですが
  
内容はまったく知らないまま観賞しました。
  
  
  
  
冒頭に字幕だけで
  
こう書かれてました・・・
  
  
  
  犯罪者家族の保護
  
  
  未成年者による凶悪事件が発生した時
  
  警察が犯罪者の家族を保護する場合がある
  
  過去の事件で、犯罪者の家族がマスコミに非難され
  
  自殺したケースが何度もあったからである
  
  この件について、警察は公には認めていない
  
  
 
そして、
   
 
すぐに18歳の少年の殺人犯罪がおこり  
  
警察、マスコミがすぐに加害者側の家を取り囲み
  
家の中では
  
家庭裁判所の人や、弁護士などが
  
両親に離婚届を書かせ
  
今度は母方の名字で婚姻届を書かせ
  
あの書類、この書類って、
  
書かせ終わったと思ったら
  
すぐに家族をバラバラに引き離して
  
警察が各自の身元を保護して
  
マスコミから目を離させる。
  
   
この一貫のシーンは驚きました!
  
そこまでしないといけないのかと・・・。(>_<)
 
   
  
そして、その刑事役が佐藤浩市で、殺人犯の妹役が志田未来。
  
何処までも追い詰めてくるマスコミ!過剰なまでのバッシング!
  
それ以上に怖かったのが誹謗中傷するネット社会!
  
このままでいいいのか!ジャパ~ン!と、思いました。
  
  
  
  
佐藤浩市はかっこいいですね~!
  
俳優としても僕的には評価高いです!
  
  
志田未来
  
今、日本で中学生の等身大の役をやらせたら
  
彼女の右に出れるはえなりくんぐらいではないでしょうか!
  
  
その他にも、松田龍平柳葉敏郎石田ゆり子佐々木蔵之介木村佳乃佐野史郎など
  
みんなハマり役だったと思います。
   
特に柳葉敏郎と石田ゆり子の夫婦役は
  
いい味出してました~(^_^)
  
  
  
  
映画の中のほとんどがイヤ~な気分にさせられますが
  
最後は少し温かい気持ちになれると思いますので
  
みていない方がいらっしゃいましたら
  
是非、ご覧になってみてくださ~い☆
  
現実社会派ドラマです!
  
  
  
  
  
随所に
  
「背筋が凍るな、おい!」
  
と言うセリフがあります。
  
ちょっと、無理のあるフレーズで笑えました。(笑)
  
  
   
    
  

2009年9月2日水曜日

20世紀少年-第2章-最後の希望

  
   
  
と~もだち!
  
  
 と~もだち!
  
   
  と~もだち!
  
  
    と~もだち!
  
  
  
       と~もだち!
  
  
  
  
  
   
  
  
   
こんにちは! iidaです。
  
  
  
浦沢直樹 原作の人気コミックの映画化
  
第2章
  
 
   
「20世紀少年 最後の希望」を、DVDでみました。
  
 
    
  
今回は遠藤カンナ(平愛梨)が大役をはって挑んだ作品って感じですかね~。   
  
     
僕は原作を読んでないので
  
違いがわからないんですが
  
こーゆー流れはキライじゃないです。
    
   
①も②も、それなりに盛り上がりもありましたし、
  
キャスト一人一人に深さもあるように感じました。
     
     
   
ただ、コミックからの映画化は
  
どうしても簡単にまとめてしまったり 
  
ストーリーがかわってしまったりするので
  
特に、こーゆー作品は
 
原作を読んでいない僕には熱く語る事がなかなか難しいです。(>_<)
      
「ワンピース」とか「BLEACH」なら
  
何時間でも語れるんですけどね!!(^o^)/
  
 
   
  
第3章にかんしては 
  
劇場へは足を向くことはないと思いますが
  
DVDが出るのを楽しみに待ちたいと思います!!!(^。^)
  
  
  
  
本日、
  
  
ジム・キャリー主演の「YES MAN」
  
ウィル・スミス主演の「7つの贈り物」
  
佐藤浩市主演の「誰も守ってくれない」
  
     
入荷しました~!!
  
 
  
    
 
・・・・・。
  
  
  
  
  
  
やばいです・・・・。
  
  
  
  
   
  
  
り~もこん!
  
  
 り~もこん!
  
  
  り~もこん!
  
    
    り~もこん!
  
  
  
       り~もこん!
  
  
   
  
  
  
   
  
ないっす。(;_;)
  
  
  
がんばって探します。orz




  
  
  

2009年8月27日木曜日

カンナさん大成功です!


  
   
こんにちは!  iidaです。
  
  
  
鈴木由美子原作
  
  
「劇場版 カンナさん大成功です!」 みましたです!
 
  
  
  
女性ならコミックで読まれた方も結構いらっしゃるとは思いますが
  
今回は劇場版と言うことで
  
ストーリーも少しひねってる感じです。
  
・・・って、原作読んでないので
  
適当な事を言いました。(笑)
  
2,3年前に韓国でも映画化されて
  
結構、評価↑↑↑みたいですね。
  
   
自分は、まったく期待しないでみたので
  
面白かったです!!!
  
  
  
 
「1度見たら夢に出そうなブス」神無月カンナ(山田優)。
   
数百万かけて全身整形をして誰もが振り向く美女に生まれ変わる。
  
美貌を手に入れたカンナは
  
憧れの浩介(永田彬)にアプローチ。
  
2人の恋の行方は・・・?
  
そして、最高の仕事をも手に入れる。
  
ここには女と女の戦いが・・・・コワッ(+_+)
  
仕事のほうは、「プラダを着た悪魔」的な感じでした。
   
  
  
笑いあり、涙ありのラブコメディ。
  
  
深いようで浅い。
  
  
浅いようで深い映画だな~って思いました。
  
  
  
  
  
美人ならなんでも手に入る?
  
  
理想と現実。
  
  
世の中は美人のほうが受け口が広いんでしょうか?
  
  
でも、最後には
  
  
自分らしく生きる。
  
  
これに尽きる!
  
  
と、思いました。
  
 
  
   
  
  
僕も自分らしく生きてます!!  
  
  
 
  
  
   
  
だからこそ・・・
  
  
  
  
   
  
  
  
  
  
  
   
  
「イイダさん大失敗です!」
  
  
  
  
  
  
 
ガンバレ!! !!! (;O;)
  
  
  
 
  

2009年8月26日水曜日

G.I.JOE


   
   
こんにちは!  iidaです。
  
  
   
  
2009/08/07 日米同時公開
  
   
  
「G.I.ジョー」 みました!!!
   
  
  
   
皆様は予告のCMをご覧になった事ありますか?
  
人間が車よりも早く!銃弾をもかわし!走行してる列車も飛び越えてしまう!!
  
そして、あのオフランスの象徴ともいえるエッフェル塔をも何かのミサイルで破壊!!!
  
  
  
これは映画館に行くしかない!と、思い
  
  
  
営業後にレイトショーでみに行きました。
  
  
  
 
内容としては  
  
世界征服を企む悪の組織「コブラ」
  
アメリカ政府の切り札、世界各国から集められたエキスパート軍団、正義の味方「G.I.ジョー」
  
  
やっつけちゃうぞ~!みたいな?
  
  
   
お互い、なかなかの個性派ぞろいで
  
戦いとしては面白かったです。
  
  
  
  
ただ・・・
  
  
  
  
ただ・・・・・・・
   
  
  
  
  
期待が大きすぎたのか・・・
  
  
  
  
  
  
もし、みて面白かったとか
  
これからみにいこうと思ってる方がいたら
  
申し訳ありません。m(__)m
  
  
  
  
  
  
ダメでした。
  
  
 
  
   
  
何がダメだったんだろう・・・?
  
  
  
たしかに、途中でお腹がすき過ぎて集中できなかったのもあると思いますが(笑)
  
どこが盛り上がるとこだったのか?
  
  
気がついたら、いつエッフェル塔が破壊されるんだろうとかばかり考えたり・・・
  
何か、今までのいろいろなアクション映画を混ぜ合わせみたいな
  
  
最終的に自分の中ではパロディーっぽくみえてきて
  
最後のほうで正義の味方たちが1列で歩くシーンをみてると
  
  
「アルマゲドン?」
  
  
ちょっと笑ってしまいました。^_^;
  
  
   
1番近いな~思ったのが
  
「トランスフォーマー」
  
あの車のような人の動き!
  
  
「これ、絶対パクッてる~!」って思ったら
  
   
制作スタッフが
  
「トランスフォーマー」の人達でした~。
  
監督も「ハムナプトラ」を手がけた人らしくて・・・
  
ちょっと納得。(^^ゞ
  
  
 
  
次回からは
  
ご飯を食べてから
  
みに行きま~す!!(^o^)丿
  
  
  

2009年8月20日木曜日

力昼 -RIKIBIRU-

 
 
こんにちは!
  
いまだにリモコンが探しだせない iidaです。
  
  
  
  
「ワルキューレ」
  
「レッドクリフ PartⅡ」
  
「20世紀少年ー第2章ー」
  
「オーストラリア」
  
「ドラゴンボール」
  
「カンナさん大成功!劇場版」
  
たまりにたまってきました・・・。
  
やばいです。
  
でも、がんばります!!!
  
    
  
 
  
今日は映画を離れて
  
お盆ネタです!
  
  
  
  
17日、18日、家族で親戚の家に行きました!
   
  
皆様!
  
苫前町はわかりますか?
  
  
そこに、「力昼」と言う
  
小さな町?村?があります。
  
  
海岸線に家があり
  
とても長閑(のどか)です。
  
コンビニ、スーパー、ございません!!
  
なかなかコアな町です!
 
僕が中学生ぐらいになるまで夏休みは毎年行ってました。
 
今年、何十年ぶりかに行くことを家族でミーティング!
   
  
目的は「密漁」
  
  
「却下」
  
  
「家族で楽しく海水浴」
  
  
「賛同」
  
  
「決定」です。
   
   
  
  
 
そこの家に着くと
  
玄関から網戸&すだれ
  
リビングもキッチンも何かが昭和。
  
トイレもボットン!

  
何より驚いたのが  
  
床のドアって言うか扉って言うか
  
開いたら階段って言うかハシゴって言うか
  
これは地下室?いやいやシェルター?
  
7畳ほどの部屋が・・・(@_@)
  
中に入ると涼しい~って言うか、寒っ!!
 
食料保存には最適だそうな。

  
知らなかった~。

  
その後
  
驚きもつかの間
  
今度は天井のドア?扉?
  
開けたと思ったら
  
そこから階段?ハシゴ?が、しゅるしゅる~って!
  
屋根裏??


ひょっとしてのりピー??←訳わからなくてすみません。
  

上がってみると・・・広っ!!!
  
11畳ぐらいの部屋に布団やらなんやら。
  
普段使わないものはココに置いてるらしい。
  
って言うか・・・熱っ!!!
  
湿気こそはないが、40℃ぐらいはありそうな!
  
   
こうなると、
  
人からしてみると、たいした可愛くはないと思いますが
  
僕からしてみると、超カワイイ!うちの
  
目をキラキラさせて
  
得意のセリフ・・・\(^o^)/「かくれんぼしよう!」
  
いつものことだが、ありきたりの場所に(椅子の裏とか、机の下とか)隠れて
  
見つけてるのに、見つけてないフリをして
  
「どこだ~?どこだ~?」って始まってしまう。
  
結局、ビビリの二人
  
屋根裏にも地下室にも隠れる事は出来ず
  
いつもの「かくれんぼ」で終わる始末でした。
  
  
その後も
  
密漁・・・じゃなくて海水浴も満喫!!
  
  
  
なんか田舎っていいですよね!
  
 
  
家の雰囲気、田舎の匂い、広い空、虫の鳴き声、電動の車椅子に乗ったお爺ちゃんお婆ちゃん、
  
夜中に窓を開けたら網戸を外に落としてしまい、それでも朝笑顔で直してくれる気持ちの温かい伯母ちゃん!
  
  
  
癒されます。。。。
  
  
  
ボーイッシュも皆様にとって
  
そんな癒しの空間になれるよう努めたいと思います!
  
  
癒しのカケラもない顔をしたiidaですけど
  
最高のスタッフがその辺はカバーしてくれるので。。。(笑)
   
  
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
  
  
  
私事の長文、お付き合いありがとうございました~!!
  
  
  
 
  

  

  

2009年8月12日水曜日

感染列島


 
 
こんにちは!
 
 
もし出来ることなら
 
   
妻夫木くんの顔になって生まれ変わりたいiidaです。
 
 
 
 
 
 
昨日、「ワルキューレ」をみました。
  
  
冒頭でトム・クルーズがドイツ語でうんちゃらなんちゃら
  
その後、英語でうんちゃらなんちゃら
  
?????
  
字幕が出ない。。。
  
  
  
リモコン!リモコン!
  
  

ない。
  
  
  
  
ない。
  
  
  
   
  
  
無い~!!!!(ToT)
  
  
  
  
  
  
  
  
あきらめました。
  
  
  
  
  
  
  
 
と、言うことで、
  
  
 
妻夫木聡主演の
  
 
   
「感染列島」みました~。
  
  
  
  
 
感染モノのパニック映画。
  
なぞのウィルスが次々に感染し
  
日本列島を蔓延してしまう。
  
  
ここでハリウッドとの違いが
  
ヒーローモノではないと言うこと。
  
「アイアムレジェンド」「バイオ・ハザード」のように
  
アクション系ではなく
  
社会派的な映画に思えました。 
  

この映画は
  
今現代の起こりえる深刻問題を
  
リアルにシュミレーションしたと思います。
     
救命救急医、WHO、政治家、研究者たちが主役。
  
簡単に人を死なせない!映画です。
  
とは言っても、結構死んじゃいます(>_<)  

     

でも印象的だったのが  
  
現場で危険を顧みない医師や看護士たち!
     
彼たちや彼女たちの一人一人に対する  
   
一生懸命の対処や治療!  
   
これまでにもペストやコレラなどの世界規模の感染症にも  
   
戦い克服した医師や研究者たちがいたことを  
    
忘れてはいけないな~と思いました。          

  

  

そして僕たちは  

  

  

うがいと手洗いを忘れてはいけないのです!!!!

   

  

ちなみにiidaは毎日やってます!   

   

マジです! 

  

本当です! 
  

   

信じてくだせ~!!(ToT)

  

  
   

ほとんどネタバレみたいな感じですが
  

  

「もし世界の終わりが明日でも、わたしは今日、りんごの種を蒔くだろう」
  

   
   
最後にこの言葉で締めくくります。
   

考えさせられます。

   

結局たいした考えてはいないんですが、

  
みてよかったと思う映画でした!(^o^)/

  

   

〆悪くて、すいませ~ん!!
  
  
  
  
  
リモコン探し
  
がんばります!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
  

  

2009年8月9日日曜日

N A T S U

 
 
こんにちは!  iidaです。
  
  
最近、お盆前と言うことで
 
たくさんのお客様に
 
ボーイッシュに足を運んでいただいて・・・
 
本当にありがとうございます!!!
 
  
嬉しさのあまり
  
毎日のように
 
スタッフや友達と夜な夜な遊んでしまい
  
映画が全然みれない状態になっております。(>_<)
  
  
「夏」は、どうしても
  
こうなってしまいます。(^_^;)
  
ご了承ください。
  
またUPします
  
お付き合いくださ~い!!(^^)/~~~
  
  
   

2009年7月31日金曜日

最後のパレード

  

こんにちは! 


過労死寸前のiidaです。
  

  

最近、映画がみれてなくても
  

AVはみてるiidaです。←本当にウソですからね~!(~_~;)
  

  

  

  

「感染列島」「ワルキューレ」近々みる予定です。

  

「ドラゴンボール」もあるのですが・・・時間があったらみようと思います!(笑)

  

  

  


 

最近、お客様から1冊の本をお借りしました。

  

  

最後のパレード 

~ディズニーランドで本当にあった心温まる話~

  


  

涙、涙のオンパレードです!!!


  

意外かもしれませんが  

自分、ディズニー大好きです。
  

5年ぐらい毎年行ってても

全然あきません!

の、くせにジブリ苦手なんですよね~。。。^_^;

  
   

意外ではないと思うと思いますが

自分、活字苦手です。

   

読むの時間かかります。

でも、すごく読みやすいので

もう半分読み終わりました!! ←いつからだっちゅう話ですけど。。。

皆様もよかったら読んでみてくださいね~

ディズニーに興味ないかたには特にオススメです!!


 
  

また近いうちにお会いしましょ~!!!(^.^)/~~~

  
  



今度の月曜、火曜、iidaは連休とさせていただきま~す!  

家族でキャンプ行ってきま~す☆
  
  
  

  



  

   

2009年7月22日水曜日

CHANGELING


こんにちは!  iidaです。
   
   
   
今日、ご紹介する映画は
    
    
「チェンジリング」です。
   
   
  
  
  
  
「指輪をチェ~ンジ!」 (デンジャラス・ノッチ風に)
   
  
  
  
  
  
と言う意味ではありません。
  
  
  
  
  
ヨーロッパの民話で、妖精が人間の子供をさらった後に
   
置いていく妖精の子供の事だそうです。
   
   
  
    
で、あらすじは・・・
    
    
1928年ロサンゼルスを舞台に
   
誘拐された息子の生還を祈る母親(アンジェリーナ・ジョリー)の戦いを描くサスペンスドラマ。
    
息子は無事に警察に保護されるが
    
実の子ではないと疑念を抱いた母親が
    
腐敗した警察に頼らずに自ら息子の行方を捜して行動を起こし
    
同時に市長や警察機構を告発すると言う内容。
   
   
   
  
僕からみて
   
   
   
ここ最近、
  
   
   
いや、ここ数ヶ月
  
   
   
   
  
こんな最高傑作の映画に出会えたのは久しぶりです!!!
  
   
   
   
  
   
まず、話の展開が素晴らしい!!
  
  
    
2時間22分
  
まったく目を背けれないほどの隙のなさ!
  
 
  
  
それが実話と言うから驚き!!
  
    
   
  
アンジェリーナ・ジョリーの迫真の演技!!
   
    
   
彼女がオスカーを受賞した「17歳のカルテ」から10年
  
やっぱり彼女の演技は凄い!と、再確認させられました。
   
この映画をみいった
 
ひとつの要因でもあると思います。
   
   
   
力強い母を演ずるのですが
   
彼女の真っ赤な口紅がとても印象的で
   
強さが増せば増すほど
  
赤い口紅が強調されていくようにもみえました。
  
  
  
  
共演者に
   
僕の好きな  
  
ジョン・マルコビッチが出てます!
  
「コン・エアー」では
  
やばい役だったのですが
  
今回は
  
いい感じです!!(^^♪
  
  
  
  
  
  
   
内容は
  
以前にも紹介しましたが
   
「フェイク・シティ」「L.Aコンフィデンシャル」のように
   
また、ロス市警のダメだし映画か~と、思いましたが
  
そう言う問題でもなく
   
ダメはダメなんですが
  
時代の背景もあると思いますが
   
実話だけに
  
凄くリアル!!!
   
少し精神的に怖いな~とも思いました。
   
   
   
   
   
監督は
   
  
制作や音楽も手がけた
   
  
クリント・イースト・ウッド
   
   
彼の作品は
    
   
70年代から数多くありますが
    
自分がはっきりイースト・ウッド監督作品を認識したのは
   
95年の「マディソン郡の橋」です。
    
最近では
    
「ミリオンダラー・ベイビー」「硫黄島からの手紙」など
    
決して明るくはないですが深く心に残る映画を作るイメージがあります。
  
  
 
 
ただ、ホント言うと  
  
  
  
  
イースト・ウッドの映画は苦手です。(^_^;)
   
  
  
  
質が高いのは
   
素晴らしいのですが  
   
   
   
  
ガッツリ、心に残りすぎです。(T_T)
   
   
   
   
 
実はこの映画をみる前に
  
少し古いんですが
   
邦画で「リアル鬼ごっこ」をみてまして
    
なかなか思ってたよりいい映画でしょ~
  
なんて思ってたのですが
   
「チェンジリング」をみたら
   
僕の中で
  
「リアル鬼ごっこ」が
   
とても残念な映画になってしまいました。(笑)
  
  
  
それぐらい心に入り込む映画なのです!
   
って言うか、入り込みすぎです!(>_<)
   
   
   
小さい子供をもつ母親には
  
立場が主人公と同じなので
   
かなりモヤモヤ~な感じだと思います。
   
   
 
   
  
ちょっとネタバレになるので  
  
あんまり書けませんが
   
   
   
  
  
最後は
  
  
   
  
  
  
  
  
「希望」です。
   
   
  
  
   
  
  
 
かな? ^_^;
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
最高傑作です!!!!!
  
  
  
   
  
  
  
 
です。(-_-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
でも、やっぱり自分的には重いです。
  
 
 
 
  
  
 
 
 
 
 
ちなみに
  
  
  
  
うちの奥さん
  
 
   
  
みた後
  
  
 
    
布団の中で 
 
 
  
  
 
しばらく放心状態でした。(笑)
    
    
   
   
  
   
   
   
  
   
   
  

2009年7月18日土曜日

BENJAMIN BUTTON


   
こんにちは! iidaです。
   
   
  
連休初日、皆様は
  
どう過ごされてますか?
   
    
あいにくの天気、そしてこの寒さ
   
外でどうこうって感じになれないですよね?
   
   
先程、お客様情報で
   
映画館が大変混み合ってると聞きました。
   
   
天気のせいもあると思いますが
   
今、なかなかいい映画やってますよね!!
    
   
皆様も是非、この機会に足を運んでみてくださいね☆
    
   
   
  
   
  
  
 
 
 
  
ボーイッシュに!!!!(笑)
  
  
  
  
   
   
   
 
 
 
 
と、言うことで・・・
  
  
本日のオススメ映画
  
  
    
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」です。
  
  
  
前フリは
  
散々したので
  
率直な感想
  
  
   
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブラピです。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
って、感じです。
   
  
 
    
  
   
    
   
もう、みられた方もたくさんいるとは思いますが  
    
まだみてない方の為に
    
自分目線ではありますが
     
ネタバレにならないように
  
書かせていただきたいと思います。
 
 
   
    
   
   
 
自分的には
    
ざっくり3部作って感じでした。
  
  
   
   
   
   
  
お爺ちゃんのブラピと、子供のケイト
  
  
   
   
   
この時はコミカルな感じが入ってて面白かったです☆
   
大人と、
   
子供なんだけど老いたブラピの絡み!
    
  
大人「あんた~その歳でまだアソコは立つのかい?」
   
ブラピ「うん、毎朝!」
   
大人「・・・・・(@_@;)」
   
  
   
  
    
    
  
       
   
  
  
大好物です!! (すみません。)(しかもネタバレ?)
  
  
  
   
  
   
    
   
   
    
  
   
  
成人のブラピと、成人のケイト
  
  
  
  
この辺は
  
たっぷり恋愛が絡んできます。
    
   
まさしく年の差カップルの苦悩が浮き彫りにでた感じです。
  
  
プロローグで愛のシーンはあまりなし
  
と、ありましたが
   
自分的にはありありだと思いました。
   
   
そして、皆様も想像できると思いますが
   
形勢が逆転します。
   
   
この辺りから
  
もうブラピから目が離せません!!!!
   
    
どこまで若いブラピがみれるのか?!?!
   
   
これは、みてのお楽しみです!
   
   
自分的には満足です!!
   
   
   
   
   
  
 
子供のブラピと、お婆ちゃんのケイト
  
  
   
   
ここから、一気に深さが出てきます。
   
    
「愛」の深さ
  
「人間」の深さ
  
結構せつないです。
   
   
でも、そこまでの重さもなく
  
み終わった後に
  
  
 
「はぁはぁはぁ~・・・・」
  
って、感じはないと思います(過大な表現をお許しください)
   
  
  
  
  
 
3部作とは言いましたが
   
ベンジャミン・バトンの成長は
  
細かく描写されてると思います。
    
   
2時間47分という長さは
  
感じられませんでした。
    
   
前回に逆回転時計の職人がいると書きましたが
   
そこは深く考えなくていいと思います。
   
   
  
   
総括(ひょっとしてネタバレ)になるかわかりませんが
   
   
デイジー(ケイト・ブランシェット)は普通に歳をとっていきます。
   
好きになった男性ベンジャミン(ブラット・ピット)はだんだん若くなっていきます。
   
   
後半は
  
女性がみて感じることが
  
たくさんあるように思いました。(もちろん男性も)
  
   
  
生きる為の  
   
   
一緒にいる為の
   
   
究極の選択
   
   
男女感の違いを
  
   
まざまざとみせられたような気がしました。
  
  
   
   
  
皆様は
  
生まれてきて
   
    
歳をとっていくのと(ゆくゆく老人になていく事)
   
   
若くなっていくのと(ゆくゆく赤ちゃんになっていく事)
   
   
どちらを選びますか???
  
   
   
この映画をみたときに
    
何かを感じさせてくれると思います。
  
(なんか、「世にも奇妙な物語」みたいな感じになっちゃいました^_^;)
   
  
  
  
   
 
  
追伸:「雷に7回打たれた老人」ウケます。(^・^)(ちょっとネタバレ)